矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

S.R.V

◆暑くて、ワークアウトする気力もでないが、会員さんも頑張ってトレーニングに来られるので、自分も頑張って上半身のトレーニングを。

体調が崩れてきたので炭水化物のみの食事に変える。
たんぱく質エレンタールのみで摂取。

◆かなえもんがカップヌードルシャア専用ガンプラ付きシリーズを買ったと言っていたので「かなえ、ガンプラ造らずに先にカップヌードル食ったやろ?」と聞いたら、やっぱり先に食べてた。
それはゴックのような体型にもなるわい。

◆昨日スタジオで録ったPSYCHOSのリハをMP3で聴いてたら「こんなにギターは歪まなくてもよいのではないか?」と疑問になってきた。
安易にグランジィなイメージでハムバッカーをチョイスしてディストーションかけてたが、ストラトフェンダーアンプの組合せで行ったほうが、バンドサウンドにオリジナリティが生まれるような気が。

と、考えていたらKEN氏から「レスポールカスタムよりレスポールJrとかストラトとかの方がヤゴウさんのプレイが引き立つのでは?」とメールをいただく。

さすがKEN氏。
耳とセンスがアマチュアとは格段に違う。

パンクを経たミュージシャンは、ギブソンのP-90やシングルコイルのギターでアンプ直結のオールドスクールな荒っぽさがロックギターの本質であるということを学んでいるのだ。

私もできればクリス・スペディングばりにP-90搭載のレスポールJrでガッチリ弾きたいのだが、自分のJrはペグが馬鹿になっていてチューニングが狂いやすく、おまけにボディにクリス・スペディング様御本人のサインまでしてあるので、ちょっと実戦には使えないのである。

とりあえず、ストラトの中でもP-90ばりに好きな、リップスティックピックアップ搭載のフェンダーが自分のメイン機なので、それでやってみようかと。

このストラトは私の敬愛するテキサス・ブルースの天才ギタリスト、スティービー・レイ・ヴォーンが使用していたチャーリーと呼ばれるストラトを模して造られたもので、ギターアンプもスティービー・レイ・ヴォーンが使用していたもののリイッシューを使ってる。

◆そんなレイ・ヴォーンさんのお言葉。

『「本物であること」ってのがどんなことか、分かるまで結構時間がかかったよ。
誰かが愛してくれたり、気にかけてくれてるってことが分かる位に余裕を持って、自分の力で生きてるってことなんだな。』

thank you S.R.V