矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ギターも歌も難儀です

ラポールで四時間バンドリハ。

歌は上手くならんわい。
ギターも難しいわい。


◆矢郷カルテット(仮名)では、リッキーマーチンのリビンラビダロカも前回からレパートリーに入れてるが、演ってみたら歌が早口で難しいし、冗談・洒落っぽさがなかなか出ないし、難儀しとります。

リッキーマーチンもそうだが、偶然、ジョージマイケルやジューダースプリーストやジョーンジェットなどのゲイの方々の曲ばかりカバーしております。

◆ギターはホワイトファルコンとレスポールjrを使い比べてみたんだけど、やっぱりレスポールjrが使いやすい。

フェンダーのシミュレートアンプに59ベースマンのシミュレートが入っていて、それを使ったら、レスポールjrと相性がよく、結構良かった。

レスポールjrはWカットだし(ホワイトファルコンもWカットの方を使ってとが)、ボリュームとトーンが一個づつしか付いてないしで、かなり使いやすい。

ホワイトファルコンはスイッチやボリューム・トーンがたくさんついていて、いまだにどれがなんなのか、漠然としかわからない。


TVイエローのjrにはコンデンサをかましてあるので、ボリュームを絞っても良い音になる。


ベースの黒ちゃん、毎回違うベースをもってこられ、前回からフレットレス、今回はプレべと、どれもパワーがあり、いい音がする。

フレットレスはドットもフレットサインも無い、本当のフレットレスで、カッコいいです。

◆psychosも9/29にラフィンノーズさんとのライブがあるので、そろそろリハがスタートする。
年内はバンド活動が忙しくなります。

psychosの曲、アレンジを練り直して音源をリリースをしたらよいなぁと、去年から思案しとります。