矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

REDその3

◆ギターマガジンを買って読んだらレッドホットチリペッパーズのギタリスト、ジョン・フルシャンテのインタビューがあり、キングクリムゾンのギタリスト、ロバート・フィリップのことを絶賛し(エイドリアンブリューのことも)、「ジミヘンドリックスやエディバンヘイレンに影響される奴はたくさんいるのに、なぜみんなロバートフィリップを研究しないのか!?」と語っていた。

キングクリムゾンのレッドを聴き込み、全作聴くとロバート・フィリップの斬新さは驚くべきものがあると思っていたのでタイムリーなインタビューであった。
◆ジョン・フルシャンテはザ・スミスのギタリスト、ジョニー・マーも敬愛し研究しており、新作のソロアルバムにも参加してもらってる。
バイ・ザ・ウェイの頃(先週からキックボクシングクラスはバイ・ザ・ウェイをかけっぱなし)はザ・スミスジョニー・マーをコピーしていたというから、これまた共感する。
ジョニーマーはかなり特別なギタリストである。
ザ・スミスが特別であるのはジョニーマーのコードチェーンとモリッシーの異端さが作り上げたものだ。

こうやってまたジョニーマーのフォロワが生まれることは、ザ・スミスがデビューした時からリアルタイムでアナログレコードでコレクションしていた私は嬉しいかぎりである。

でも、ジョン・フルシャンテは様々なエッセンスを身につけてとっくに独自のスタイルを持っていて、アマチュアのみならず、プロミュージシャンに影響与えているのに、まだまだ向上しようとする姿、まったく素晴らしいです。