矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

たこメーター

潰瘍性大腸炎の治療で、白血球除去療法の為に朝から病院にいったんだけど、急患が入ったので午後から治療になり、時間が空いたので天気もよかったのでマーロン号を乗り回していたら、タコメーターが降りきれて壊れた。

でもいつのまにか治っていた。謎である。

◆白血球除去療法ってのは血液を右手から抜いて濾過器を通して左手から戻すという、透析的な、なかなか重大な治療で、通常は重症患者さん向けの治療らしいのだが、自分はまがいなりにも運動選手で試合があるのと、ステロイド等の薬がほとんど効かないのでこの治療をすることになった。

この治療を2ヶ月くらい毎週やるんだけど、特定疾患医療受給を受けてないと、一回の治療費がなんと15万円もかかるのである。

なににそんな金がかかってるのか判らないが、医療費とはおとろしいものである。

こんな治療していても、自分の場合は食事さえ気を付ければ結構激しいスポーツもできるので、他の患者さんからみれば、まだ良いほうだと思う。


潰瘍性大腸炎クローン病の患者さんは現在かなりおられるらしく、20代から30代の人に多く(自分は10代の時に発症)、子供や女性にも多くなっているらしい。
現在は完治する医学がない難病なのだが、この病気にかかっている人以外には重大さが理解しにくい病気なので、患者さんはいろんなことで苦しんでおられると思う。

もう少し患者さんへの理解が広がればと思い病気のことを書いた。


で、矢郷良明ロード・トゥ・ザ・両国国技館

頑張ろうと思えばなんとかなるものです。

両国まであと206日かな

ジークヤゴウ