矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

矢郷良明杯とはなにか?

SMASHにお詫びにいってまいりました。
事務所が素晴らしい立地と素晴らしい室内、スタッフの多さにビックリしました。
そしてスタッフさんに、私とプロレス業界とは関係のない共通の知人を持つ方がいてビックリ!
日本は狭いというか、SMASHさんによほど縁があるのか…。
で、記者会見でTAJIRIさんに面会し、大家犬の粗相を謝罪し、白海老せんべいをお渡しさせていただきました。
詳細は以下で。
http://www.smashxsmash.jp/cgi-bin/topics/diary.cgi?no%3D303

TAJIRIさんとは話がトントン拍子で進みまして、11月22(月)SMASH・10、JCBホール大会に私が参戦することが了承され、このJCBホール成功には、10月30日(土)のSMASH・9も必須であると考えまして、その中で行われる、小路晃選手vs大原はじめ選手の試合を、「矢郷良明杯争奪」と冠することになりました。

記者会見で喋ってるうちにテキトーに「矢郷良明杯」って言葉が思い浮かびまして、それが通ってしまいました(笑)
なんでも言ってみるものです(爆)

べつに近々開催されようとしている「なんとか杯」をディスってるわけではありませんので、各方面の方々、お気になさらぬようにお願いします♪

小路晃選手は同郷の富山の方なんですが、まったく面識がなく、私の中ではPRIDEの選手で、試合に勝った時に尾崎豊のMCセリフを言う人、もしくわ、青柳館長のマスクマン・誠軍団1号のイメージしかありません。
そんな小路晃選手が「矢郷良明杯」の名の元に試合をするというのは、富山では因果で大きなニュースなのかもしれませんが(笑)SMASH全体のことを考えれば、ベストとまでは言いませんが、ベターなことだと思います。

ちなみに矢郷良明杯争奪ですが、勝ってもなにか貰えるわけではありません。

矢郷良明の名の下に試合ができるというだけです。

とにかく10・30、SMASH・9新宿フェイス大会にわたくしも試合はしませんが、冠提供者として訪れますので、どうぞ皆様ご観戦を。

DDTファンの方々も、これからのSMASHさんを観れば「誰がDDTを導いていたのか?」が判ると思いますので、どうぞご覧あそばせませ。

SMASHさんJCBホール大会まであと40日
矢郷良明Road To The JCBホール大会

TAJIRIさんと少しお話ししましたが、この方はかなりの読書家だと思います。

そして異端の哲学者が発する特有の匂いがしました。
さすが、なんの後ろ楯もなく、たった1人で、世界を相手にプロレスをしてきた哲人であります。

私もTAJIRIから様々なことを学ばなければなりません。
ライオンマークのあんちゃん達も、もっと学んだらいいです。


◆東京駅地下で円谷ウルトラマンショップの前を通りがかったら、写真の緑と銀のヒーロー、ミラーナイトを発見。
これは間違いなくミラーマンだと思って復活を感動していたら、グレンファイヤーという名前でファイヤーマンも復活していた。

ウルトラマンゼロに登場するらしい。
ウルトラマンゼロ自体がウルトラセブンの息子で、レオに指導されている設定というから尚更、円谷ファンには火に油状態である。 これは観なければならない