矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

BIG.thanks

◆VKFでのタイトルマッチ、チャンピオンGENTARO選手への挑戦は失敗した。

22分闘ったけど、GENTARO選手は単にオールドスクール、アメリカンプロレスタイプの選手ではなく、数々の修羅場を潜ったことで磨き上げられたリアルプロレスラーだった。

GENTARO選手と闘っていると、オールドスクールレスリング云々より、もうひとつ上の次元を感じさせられ、プロレスが長い歴史をかけ紡いできた「強さ」「闘い」というものが試合中にハッキリ見えてきた。

まだまだ自分は甘く、プロレス旅の途中であることを思い知らされた。

それが試合が進むに連れて、どんどん大きくなり、自己との葛藤しながらGENTARO選手と闘っているのだから、負けるのも至極当然だったかもしれない。

でも本当にGENTARO選手と試合できてよかった。
この試合をやってよかった。
この試合で得たものは莫大である。

7年前の約束を果たしてくれたレスラーとしても、人間としても一流のGENTARO選手に感謝であります。

そしてこの博打に賭けてくれたVKFオーナー、川村さんに大感謝です。

仕事抜きで、多分いろんな意味で心配して駆けつけてくださったのかもしれない、鈴木健さん、村田晴郎さん、須山さん、ヤマモさんにも感謝です。

そしてなによりも、この試合を観に来てくれた素晴らしく、愛すべきプロレスファンの皆さんに心から感謝です。

世知辛い世の中、まだまだファンと業界に、仁義や義侠心が残っていることが嬉しかったです。

矢郷良明プロレス旅日記はもう少し続きます。

本当にありがとう。