矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

クリスマス

◆クリスマスだけどなにもなし

今年最後の病院にいってきた。

今年は入院もしたりで、病院の先生やスタッフの皆さんに大変お世話になり感謝であります。

本当によくしていただきました。


◆夜は会員さん達と一緒にトレーニングしながら、マジンガーZの最終回とタイガーマスクの最終回を観た。
両作品ともに最終回は名作だと思う。

子供の時に読み切りマンガでマジンガーZグレートマジンガーを読んだんだけど、これはなかなか残酷描写の衝撃的な内容で、ぜひともOVA化してほしい。


◆先日、BSでロックの歴史ドキュメンタリーみたいのをやっていて、パンク特集でセックス・ピストルズが取り上げられていたが、やっぱりカッコよかった。

そのあとヘビメタ特集みたいのが始まって、ヘビメタの歌詞のアホさ加減を再確認して笑った。

ブラックサバスはいいとして、ディープパープルのアホさは本当に凄い。

中学生の時にスモークオンザウォーターの訳詞を読んで「これ見たままのこと書いた子供の日記じゃん。アホか」と別の意味で衝撃的だったが、ドキュメンタリー番組でその歌詞と曲が真面目に取り上げられてて、これでいいのか?と疑問になった(笑)

ジューダース・プリーストのホモパワーと知性ゼロのアホさや、アイアンメイデンのブルース・ディッキソンのアントーニオ本多似ぶりなど(ギタリストにも変な顔がいる)、ヘビメタはネタの宝庫である。

ヘビメタは今は亡き、ミュージックライフやロックショウなる音楽雑誌によく取り上げられてて、ネタにして皆で笑っていたんだけど、真面目にドキュメンタリーにされるともっと面白い沙汰になっていた。