矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

結局、ラジオで生演奏しました

◆結局、FMいみずさんのアペラッチャコパラダイスで歌ってギターを弾くはめに。

アペラッチャコのギター、サスケさんとキーボードのロケットマキノさん、アップライトベースの谷中さんとセッションさせていただいた。

サスケさんとマキットさんが手練れだとは知っていましたが、ベースの谷中さんはものすごい上手かった。
さすがニューヨークで活動されていただけある物凄い手練れでありました。

で、曲は自分のできる範囲のアコースティックで、「自分の記憶の中で、人前で歌っても大丈夫なんではないか?」と思われる、ビートルズの、というか敬愛するジョージ・ハリスンのWhile.My.Gutar.Gently.Weepsをアンプラグドで演奏。

この歌をうたうのは15年ぶりくらいです。

リハーサルを2、3回のほぼぶっつけ本番でしたが、とりあえずなんとかなったような雰囲気でした。

オンエアを聴いてないのでよくわかりませんが(笑)。

バックの演奏は素晴らしいかったです。
コード進行を説明しただけでアペラッチャコの御3人はバッチリの演奏をされました。
素晴らしすぎます。


◆でもいい経験になりました。
凄腕ミュージシャンの方々とのほぼぶっつけ本番セッションで、生放送で生演奏とは、なかなか経験できるものではありませんから。
そしてアコースティックでジョージ・ハリスンのホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスをラジオで歌えたことは、自分なりのジョージへの手向けになったような思いがあります。


◆アペラッチャコさんは4月25日(土)富山オーバードホールにて単独ライブをされますのでぜひ、ライブを観ににいってください。
素晴らしいバンドであります。


◆ちなみにこのセッションの模様は版権の問題などでネットラジオにアップできないと思います。

自分的には残念なんだかほっとしたのかわかりませんが(笑)