矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

キャプテン!!

◆今日はミュージックエクスチェンジでTHE DAMNEDのライブに。

自分はこのDAMNEDのNew.Roseを子供の時に聴いていなかったら、今までロックも聴いていなかったろうし、ギターも弾いてなかったろうし、空手もやってなかったろうし、プロレスもやっていなかったと思う。

人生最大の一曲はダムドのニューローズなのである。
自分の原点の一曲、原点の一冊がある人と無い人ではすごく人生に差があると思う。
自分は早くに"それら"に出会え幸福である。


◆諸事情でボーカルのディヴ・バニアンが来日できず、ギターのキャプテン・センシブルが代理にボーカル兼任でライブを決行。

キャプテンも歌が上手くて会場大盛り上がり

自分も演奏が始まったらディヴが不在なのも忘れ、久しぶりに前の方で騒いで暴れた。

THE DAMNEDはキャプテンがイニシアチブをとっていたブラックアルバム、ストロベリーズ時代が特に好きだったので、ダズン・ガールやライフ・イズ・ゴーンをやってくれたのはとてもよかった。

MC5のルッキング・アット・ユーを聴いて「あれ?そういえば自分もライブで演するために歌詞起こしたのだった」と思いだした。

◆ライブ終了後はキャプテン・センシブルが売店でサイン会をして一人一人のお客さんと会話していた。

キャプテンは本当に音楽が大好きでバンドをやっているんだと思う。

だから自分の産み出した音楽を愛してくれる人々、一人一人に感謝しているんだと思う。

だから自分も音楽が大好きで音楽を産み続けるTHE DAMNEDをもう25年以上も親しみ続けている。

THE DAMNEDはパンクのカテゴリーも越え、ロックのカテゴリーも越え、真の音楽の姿を表していると思う。

表現者としてこのキャプテンの純真さは忘れてはならない。

Happy Monday