矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

神谷犬

◆アメリカ大統領にオバマ氏が当選した。

彼は全有色人種の希望を背負ってる。

だからオバマ氏とそのブレインは政治も経済も「背水の陣」で挑むのではと思う。
地に落ちようとするアメリカを建て直すやもしれない。

もし彼に対してテロや暗殺などが起これば、アメリカは北朝鮮と並ぶ、最低最悪の国のと世界から罵られるだろう。

ただでさえモラルなきマネーゲームで世界を経済混乱に巻き込んだのだから、ここで汚名返上しするために、国民と国家はオバマ氏を支えるしかない。

はっきりいってアメリカはモラルも低いし、教育レベルも低い。
それが全ての問題の根源である。

そんな国が世界のポリスマンを気取って、国連に逆らったりしてるんだから笑止千万である。


◆世界中の紛争、貧困の原因は全てローモラル、ローエデュケイションであると断言できる。


「認識せずして評価するなかれ」

の言葉を真摯に受け止めなければならない。

知識も乏しく、気分でモラルを変えるような、認識能力が乏しい者が評価をするから世の中は堕落し、認識を求めている者に感情が先走り、評価をしてしまうような輩が多いから、世の中からトラブルはなくならない。

そんな輩が社長だったり、教育者だったり、政治家だったり、官僚だったと社会の中枢にたくさん居たりするから世の中はおかしくなっている。

で、「そんなアホの下で誰が真面目に働けるかよ」ってのが日本の現在の20代から40代の人々の心境であり、これが社会問題の原因になっているのだと思う。

この人々が「生きるのが馬鹿馬鹿しい」と思っている風潮を変えないと根本的な解決はできないと思う。
それは政治の仕事でもあるし、一人一人が「馬鹿馬鹿しいと拗ねていてもしょうがないわな」と覚醒して、自覚を持って今日より明日へと成長しようかと努力をすることが当たり前だと思う知者にならなければならないと思う。


◆ときめきトゥナイのことを書こうかと思ったらこんな真面目なこと書いてしまった。