矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ベルトキラー

◆なぜか富山に雪はないのに東京が雪がひどい理不尽な中、後楽園ホールロイヤルランブル戦に出場。
ベルトキラーとしてはまずKO-Dの次期挑戦権を手に入れたいところだったが、KUDOとやり合っていたらトップロープから落ちてしまった。
私にはこういうルールはゲームっぽいので難しいのだ。
KAIENTAI-DOJOにレギュラーで出ていた時、サラウンドフォースと勝手に名前を変えたロイヤルランブルをしょっちゅうやっていて、ホントやりにくかったのを思いだした。

…まぁベルトキラーのホロコースト前夜祭というか、予行練習というか、ゲネプロということで、勘弁してやろう。

◆ベルト統一という難事業、まずキッカケを掴むには正攻法ではダメかもしれないと思った。
HARASHIMAの新作・水木しげる風Tシャツ発売を見て思ったのだが、奇襲ベルトホロコースト作戦にはまず、こ洒落たYAGOTシャツから作ったらどうかと思った。
とにかくベルトキラーはチャンピオンベルト統一の矢郷伝説第二章の幕を開けたのだ。
こうなったらベルトをとるまで毎回幕開けである。
ジークYAGO!

山手線にのったらWWEのスーパースターの顔写真が車体に貼られていた。
ビックリ。

◆帰りのJRで斜め前に座った30くらいのオバハンが、ビール呑みながら弁当二つ食べてヒレカツサンド食べて周囲にニラみを利かしていた。
携帯電話を開いてるのを見たら待ち受けがオバハン自身の写メだった。
おそるべしオババ。
チョコレートもたべだした
◆普段は格闘技のことを気にしないが今回のUFCの結果は気になった。<ヘビー級 5分3R>
フランク・ミア(米国)(1R 1分30秒 アンクルロック)●ブロック・レスナー(米国)
ブロックレスナー選手は元WWEのスーパースター。
レスリング元NCAAのチャンピオンでもある。
プロレスであれだけ成功したのだから絶対に総合格闘技なんかやらないと思っていたが、UFCにチャレンジした。
でも格闘技をずっとやってる選手に勝てるわけはない。
技術がどうとかハートがどうとかいろいろ思うことはあるが面倒くさいから書かない。
フランク・ミア選手は大変強い選手。
フランク・ミア選手は前に私のアメリカの友人、ケン先生とヨリコさんのMMAジムでトレーニングしていたのでこの試合は気になった。