矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

attitude

砺波信用金庫なる、どインディーな金融機関に口座を持っており、通帳記帳をかなり放置していたら記帳してくれと、お達しがあったので記帳しにいこうとしたら富山市内に砺波信用金庫はなく、高岡市までいく羽目に。
ついでにイオンモールに立ち寄りカバンやさんにいったら、ゼロハリバートンのツアーカバンが140000円のモノを78000円とほぼ半額で売っていた。
欲しいような、でもデザインがアッサリしすぎだしと微妙な感じだったので帰ってきた。

◆毎年のことなんだが、師走でジムは暇になる。
自分も勤めている頃は忙しく、ウエイトトレーニングは夜遅くやってるジムに行っていた。
でも夜遅いから暖房もついてないし、誰もいないしでなかなかストイックだったが、あの頃があったから今もこうやっていられる。
サンドバッグや打撃トレーニング用の練習場は小矢部市の高速道路横に叔母さんの家の敷地があり、そこに個人練習場を作らせてもらって持っていたので、雪かきもついでにしながら練習していた。
その頃が懐かしい。

◆写真はジムのCD棚にあったWWF時代のエントランステーマ曲集。
なにげに豪華でDXのテーマをRUN DMCがやっていたり、ストーンコールドの曲はSNOOP DOGGだったり、ロックのテーマはMethod Manがやってる。
二度とこんなCDは出ないだろう。
この頃のWWFは一番勢いがあり良い時期だった。
私も毎日JSkyスポーツで録画したWWFを観ていたし、スポーツクラブにいっても飲み屋に行ってもWWFのビデオが流れていて、普通のサラリーマンやOLの口から「ロック」や「トリプルH」とかの単語が出ていたモノである。
そんな放送にTAKAみちのく選手が普通に試合していて「凄い日本人だな!」と思っていたが、まさか自分がそのTAKAみちのく選手と一緒に試合したりするとは、夢にも思わなかった。
世の中は不思議なものである。