矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ストラマー

◆朝から赤十字病院に大腸がん再検査の申込と高脂血症の再検査に行った。
受付で内視鏡の検査は予約が詰まっていて11月末になるとのこと。
「それじゃ本当にガンの人だったら進行して死んじゃうんじゃないの?」と聞くと受付のオバハンはうつむきかげんで、はにかんで笑っていた。
アホか。
◆で、内科で診察と予約日を決めなければいけないのと、高脂血症が遺伝の可能性が高く、若年性心筋梗塞の危険が高いらしいので診察してもらわねばと待っていたら1時間30分も待たされる。
受け付けに「まだか?」と聞いたら「あと一時間くらいまってください」と言われた。
待ち合い室には自分と爺さん三人しかいないのに。
で、腹がたってきたので受け付けの人と看護士さんに「帰る!」と暴れて言って帰ってきた。

結局検査予定も決まらず診察もされず、終わっていった。
別の病院数件に聞いたがどこも予約でいっぱいだとディズニーランドのホテルみたいなこと言っていた。
どうするんじゃい。
そうこうしていたら、映画、仁義なき戦いの打本組・打本昇組長役の加藤武さんが言った「ワシが死んだらなぁ!オマエが責任とれよ!」の名セリフを思い出した(笑)

◆ギターマガジンの表紙がジョー・ストラマーでカッコイイ表紙だった。
◆アマチュアギタリストは技術信仰が強くなってヲタク化していくので、容姿やスピリットから生まれる《不良っぽさ/ロックっぽさ》とはどんどん離れていく。
で、中身カラッポのギターを弾いている。
そりゃプロにはなれんわなぁ。
そんな読者をユーザーに持つギターマガジンさんだから違和感がカッコイイ感じと混ざっている。
◆ジョーストラマーの映画が公開されるので表紙になったようで、フェンダーからジョーストラマーモデルのテレキャスまで発売されることに。
ジョーストラマーが本当にパンクなら、それを聞いて墓の下でズッコケるだろう。

◆ジムに新しいキックミットがセットで届いた。
気持ちいい。
私は今日もリハビリがてらスパーリングに混ぜてもらった。
全然足がついていかなくてもどかしい。
でもスパーリングしてる時がカラダも楽だし気分もいい。