矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

お宝

国際プロレスのDVDセットを戴いた!
先に発売されていた伝説の国際プロレスDVD三枚組セットと最近発売された不滅の国際プロレスDVD五枚組セットである。
伝説〜の方はTシャツと復刻ポスターポストカード付で、ストロング小林さん時代が中心に集録されている。
不滅〜の方はマイティ井上さんとラッシャー木村さん時代が中心である。
こちらにはなんと、1979.4.21の富山県高岡市民体育館で行われたラッシャー木村選手対スーパースタービリーグラハム選手のIWA世界ヘビー級金網デスマッチが収録されている。
当時、小学生だった私はこの試合を友人の吉崎君(彼はよく私の試合を見に来てくれる)と最前列で観戦しており、タイトルマッチなので国家斉唱もした(笑)
スーパースタービリーグラハムはとにかくカッコよかった。
もうリングに立っているだけで絵になってた。
そしてMY IDOL、ニック・ボック・ウィンクルさんの素晴らしい試合も収められていて、しばらくはこのDVDだけで楽しめる。自分にとってはレッスルマニアのDVDセットより価値がある。
◆それにしてもラッシャー木村さんをはじめ、選手の皆さんは体をかなり鍛えこんでおられ、凄くデカい。
とにかく小さい頃はレスラーをみると「でけぇ!」と驚き、ファンタジックだったのだが、いまは自分より大きい選手と出会うことが少なくなった。
このDVDを少しみただけでプロレスの醍醐味はやっぱりヘビィ級だなぁと感じた。
日本人の体格はどんどん大きくなっているのに、プロレスラーはどんどん小さくなってきている。
格闘技選手もどんどんサイズダウンしてきている。
スポーツが上手い、大きい人はメジャースポーツにいくからだろうね。