矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

小心者は大将になりたがる

◆空手教室はインフルエンザが流行していて子供達が休んでいたが、三年生以下は元気だったので組手をする。組手に慣れてきたので少々激しくなる。
稽古が終わったら小笠原先生から電話がある(たまに電話でお話ししている)。
小笠原先生は極真時代、神懸かり的な強さで、私達の世代は伝説になっている。空手時代の仲間で城西支部に在籍していた連中は本当に地獄をみている。
ある友人は小笠原先生との道場での軽い組手中、小笠原先生のなにげなく蹴られた中段廻し蹴りが直撃し、アバラが折れ、「押忍、先輩折れました…」というとニコニコ笑いながら小笠原先生は「またまたぁ〜」と笑っておられ、こんなことがしょっちゅうあったと聞いている。とにかく小笠原先生は空手界では凄い存在である。
◆MTVで車改造番組、ピンプマイライドの日本での真似版が放送されているが、あれはどうなんだろうか?
やるなら古い国産車の改造や現行国産車のファミリーカーやオッサン車をかっこよくするとかをメインにすればよいのに。あと芸能人の愛車紹介とか。
あんなアメ車改造番組、本家のピンプマイライドに勝てるわけないのに。
どうして日本のアメ車好きってステレオタイプで、いつまでたってもアメリカングラフティ好きみたいで、ハーレーに乗ればクールス気取りで、マリワナもやったらイージーライダー万歳みたいなんだろう。
そのセンスはさっぱり理解できない。
◆鈍感力って本、あれは「オプティミストはなぜ成功するか?/マーティンセリグマン著」って本とよく似ていると思う。

津本陽さんの本で徳川家康が豊臣家を潰そうと考えた原因は、豊臣秀頼が巨漢で(197センチ、161キロもあった)公家の高等教育を受け、カリスマ性も持ち合わせていたのを恐怖して豊臣家滅亡を思ったというのを読む。
今も昔も妬みヒガミが攻撃の発端である(笑)
小心者ほど親分になりたがるし、気の小さい奴はホント社会悪だよ。