矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

I Feel Alright

◆もう一つのblogを書いてくれている”エレガント”コリーノ女史に15日からの渡米の煩雑なことを手伝ってもらう。
マクドナルド食べながら私に半ギレでアレコレ放言して、急に静かになったなと思ったら、座りながらうたた寝しておられた。
豪気な方である。

◆夕方、富山の興行関係の方とお会いする。
三月、四月は富山で結構プロレス興行があり、特に四月は固まっていて興行戦争的な雰囲気らしい。

◆最近、若い頃に読破した全12巻の続きの本をまた一巻から毎晩読んでいる。
過去これで四回くらい一巻から読み替えしている。

デカルトについても読む。
◆スギ君に作った曲をリマスタリングしてもらい、アメリカの先方へMP3で送付。
便利な世の中である。
プロツールがあれば楽器をひけなくても作曲できるし、海外などの離れたミュージシャンとも合作できる時代である。
でも、自分で楽器を弾く、身近で顔をみながらコミュニケーションして曲を作る、をしなければマトモなモノはできないと思う。
どんなテクノロジーが発達しても世の中、要はアナログなことばかりである。
そういえば東映の社長さんのインタビューに、アメリカの映画界の落ち込みはCGの発達による、観る側の「どうせCGだろう」のシラケ感が大きくなりすぎた為だと言っていた。それで業界は人間ドラマ的な方向にシフトしたらしい。
「どうせインチキだろう」と思われたら、信用を取り戻すのに砂漠から水を湧かすような、大変な時間と労力が必要になる。
いつまでも芯だけの林檎をしゃぶってるような業界はどこもダメである。

◆楽器やさんを散策。
なんとなくエピフォンのエンペラーが気になる。