矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

RED

大日本さんの試合をテレビで拝見したが、六人タッグでの田中将斗さんの闘いっぷりはまさにアッサムで、素晴らしかった。
元ECWヘビー級チャンピオンであり、ダッドリーボーイズの3Dを『世界でただ一人』キックアウトした選手である田中将斗選手は、邪道外道さん、ディック東郷さんと同じく、団体の看板に頼らずに、世界トップクラスになられた日本が誇るべき、プロレスラーだと思う。

◆で、なかなか自分の試合を観るのは嫌な気分で(苦笑)、DDT10・22の後楽園ホールの試合が放送されたが、あの試合はどたばたした乱戦で、六人が没個性的になってしまう試合だった…反省ばっかりだ。
ファッキンガッデムサンシロータカギさんだけは、存在感抜群だったが。
やっぱり相手側も、組んだことがない者同士がチームになっていたしで、六人が手探りで夢中で闘っているから、目立とうみたいな暇もなく、20分近くも試合しながら、最後にHARASHIMAだけがおいしいところを持って行ってた。
あの時、試合後に「こんな試合になることもあるんだなぁ」という感想を持ったのを思いだした。

◆試合とは関係ないが、赤色が好きで、前々から赤いコスチュームを着用したいと考えてたのだが、似合わないのかなぁとテレビ観ながら考えたり。
一度だけ赤いパンツレガーズを着用したことがあるが、どんなカンジだったか覚えてない。
赤はHeelぽくないのかもしれないが、どうなんだろう。
でもシャアは赤だよな
前田慶次郎も赤甲冑だし、朱槍だし
馬場さんのパンツも赤いし

・・・そんなことより試合のクオリティをあげろ俺。