矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

Bonnie&Clyde

★昼間は雷と雨が強く、停電になった。
病院にお見舞いにいったら、病院が停電になり、すぐまたついた。
昼からも出先で雷で停電になり、エアコンがつかないので暑かった。
★「テレビでてましたね」とあった人ほとんどに言われた。テレビの反響は大きい。
でもそれで即、プロレスを観に来るかというと話しは別であるが、DDTプロレスが地上波で定期放送されれば根付くと思う。

★ジムは盆明けで誰もこないかな?と思ったら忙しかった。
中年愚連隊様ご一行が来ていたので基礎体を中心に楽しくトレーニングをやった。
★ボニー&クライドを見る
子供の頃から何度も見たが、もはや共感する歳でもない(笑)
しかしラストシーンは素晴らしく、「所詮、人は誰も変わりはない」と笑いが込み上げる。
一夢庵風流記前田慶次に『骨』なる刺客忍者が
「どれほど権力があり、金があり、学問があっても、その時は同じなのだ。
刺されれば信じられないという眼で己の傷口をみつめ、首をしめられればもがきながら脱糞する。
万人が同じ顔になり、同じ反応を呈する。
そこがいい。
勿論、自分もいつか同じ顔をして死ぬだろう。
そこが益々もっていい。」
と語るところがあるのを思い出す。レスザンゼロ…
ドアーズのアルバム「まぼろしの世界」を聴いてねる