矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

死ぬ夢

生まれて初めて死ぬ夢を見た
血液の病気で24時間以内に死ぬと診断され、親に怒られたり(笑)世話になった友達にサヨナラの挨拶をしたりしていた。
家族からは感謝とお別れの挨拶をされた

本人はあまり死ぬことへの恐怖もなく、淡々としていた。
皆に感謝の挨拶をしていた。

私は死ぬときは死ぬと常日頃から思っているし、人にもそんな充実による無常観をノウガキタレているので(笑)
私が夢の中でもジタバタしなかったのを客観的に観て、自分にへんな自信を持った(笑)

でもリアルだった