矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

人生は七難八苦

◆大雨の影響でまた列車がトラブル。列車のトラブルは毎回遭遇するようになった。
糸魚川で臨時停止して先発列車に乗れない方々を乗せる。また臨時列車なのかかなり古い列車である。車内は指定席、グリーン席にも人があふれている。トイレにもいけない。越後湯沢にはいつ着くのか判らない。飛行機で行けばよかったが、飛行機はトラブルがあった場合、飛ぶのか飛ばないのかハッキリしない発表をするので当てになら無いのだ。まえに朝の便に乗ろうとして天候不良で『今から飛びます』と何度もアナウンスして結局夜まで飛ばないことがよくあったのでそれ以来、嫌いなのである。
六日町までいったらバックしだした。
ウラサなる駅までいって上越新幹線に乗るらしい。自然災害には無力なものだ…雪の季節にはどうするんだろう。
新幹線に乗ると指定席なのに座る場所の指示がなくわからない。勝手に座席に座ることに。
富山から五時間かかってようやく東京に到着…もはや疲れ果ててしまう。
降りようとしたら前にいたおばはんが2歳くらいの女の子を列車とホームの間に落としてしまい、体半分挟まった!すぐ駅員さんや私が助けあげたが、子供はビックリして泣きわめいている。携帯触っていて子供を落とした不注意なおばはんに怒鳴っておいた。
八月のクリスマスって映画が公開されているが、このロケ地は私の小さい頃遊び場だった富山県高岡市である。邦画にしてはよいできらしく、時間があったら観ていただきたい。