矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

ACE of SPADES

モーターヘッドの名曲、エースオブスペイヅの歌詞を改めて読んでみるとかなりカッコいい。
『You Know I'm bone to loose and gambling's for Fools.
But that's the way I like it baby
I don't wanna live for ever.
…and don't forget the Joker!』

【俺は生まれつきの負け犬、ギャンブルなんて馬鹿かのやるもんさ。だけどベイビー、俺はそんな馬鹿が好きさ。このまま生きるなんてごめんさ。
そう、ジョーカーだってあるんだからな!】
というフレーズがあるのだが、一見、馬鹿っぽいがレミー(ボーカル兼ベーシスト)なりの人生観を表現していてる。
HHHもモーターヘッド好きみたいだからこの歌詞を読んだりして、バンドのアティテュードを理解してリスペクトしているのだろう。
★日本人のほとんどはは英語の曲は歌詞を知らないで感覚で聴いているのだと思う。
聴く側がやる側になっていき、ミュージシャンになりデビューする。
洋楽のサウンドしか理解せず歌詞を軽視していく。だから日本人アーティストの曲はくだらないラブソングが大半なのだと思う。
洋楽の歌詞はかなり詩的であったり、プロテストであったり、メッセージ性が強かったり、哲学がちりばめられたりしている。
その音楽の根幹である思想性を表現しているの歌詞を軽視するから音楽はファッションになってしまう。
これは音楽だけではない。
日本人はあらゆる分野で思想性や哲学をもっていない。
だから日本人の感性なんてまったくアテにはならないのだ。
いまはネットが発達して誰でも意見をいえ、批評家ぶれるが、それだけ哲学の無い、あったとしても幼稚な頭の悪い奴は、恥を晒して行くことになる。
パソコンで音楽を誰でも作れるようになったがその分、センスの差がはっきり出てしまうと前に書いたが、これと同じで個人の能力差が浮き彫りになるのである。
これからは、いかに智慧と感性を高め行動できるかが人間としての勝負になって行くと思う。

中身の無い人間が感性でモノを見ることは犯罪に等しい。