矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

今日の私

ジムを開ける前に掃除しながら「温泉へ行こう!」なる弱火な昼メロ(アメリカではソープオペラという。この時間の番組スポンサーが洗剤関係ばっかりだから)を見る。なにが面白いのさっぱりかわからないが、つい見てしまう。これが自虐的というやつか?
ジムを開けてから銀行に書類持って行ったりする。
車に乗って行くが愛車の燃費の悪さに目眩する。
ナイスオカマ勲さんと車で擦れ違う。
前は赤の軽にKITTYちゃんだらけにして乗っていたがいまは普通にしておられる。
ジムに戻ると会員さんがトレーニングしている。
話をしていたら電話があり県会議員の後援会の話をまた頼まれる。
会員さんが帰られ時間が空いたので浮世絵師 河鍋暁斎の本を読む。この人は狩野派の画家でありながら斬新な浮世絵を書き、大政奉還後失業した他の画家とは違い悠々暮らしていた偉業の芸術家である。
またいつものトレーニング開始。ランニングしてきてからTVをつけたらHALCALIが出ていた。
MTVのトレインサーファーに出て解説してた。
素顔で(笑)
ハルカリは二人とも容姿がかなりハンディキャッパーさんである。
しかしブサイクグルメな私はつい観てしまう。
ハルカリはまだ愛嬌があっていい。
ウェイトしていたら高橋がなりさんが一軒家プロレスなる映画の宣伝をしていた。
上映映画館は日本に一か所しかないらしい(笑)
ウェイト終了し打撃トレーニングに。
毎回好きなCDを日替わりでデカい音でかけているのだが。今日はニルバナのベスト。
何年前かに買って何度も聞いていたのに今日初めて14曲目にデビットボウイの
『世界を売った男』のカバーが入っていることに気付いた(笑)
今日は会員さんのクラスがないのでジムを抜けだし本屋さんにアンジー姉さんに連れてってもらう。
サイトなる雑誌購入。ロックアルバム100枚という特集だったから。
ロッキングオン創業者、渋谷陽一氏が解説書いていた。
この人は私のロックの宣教師だった。
ビートたけしさんと同じくらい好きだった。ダムドを初めて聞いたのも氏のラジオ番組だった。
20年前に富山のライブハウスにトークショウにこられたとき見に行った。
二十歳を過ぎたら渋谷陽一氏もビートたけしさんにも興味が無くなった。
あえて無くしたのだが。卒業するために。
アンジー姉さんも帰宅されたのでジムを閉める。そして食事を取る。また鶏肉。
地元TV音楽番組でビートルズ特集している。
この番組はアンジー姉さんの宿敵(親友?)の美穂ちゃんがほとんど作っているらしい。
美穂ちゃんは家にも余り帰らず、局に缶ずめでいろんな番組を作ってるらしい。働いて、酒呑んで、うたた寝して、編集しての365日らしい。
頑張れ美穂ちゃん。
貧乏臭い映画がはいったのでみていたら、デニスホッパーやルドガーハウアーが出ている。

猫が来たのでシャワーしてやる。
カリカリ食べて寝ている
私も寝る