矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

道は開ける

f:id:noritora:20200922043848j:image

5to1昨年の10.15の鮎川誠さんライブに出演して以来の約1年振りのライブでした。


コロナ禍の中で自粛から9.19に富山アラート解除され、コロナ感染対策しながらの、屋外でのバンドサウンドでのライブ、県内・県外からも御来場いただきありがとうございました。

f:id:noritora:20200922043948j:image
f:id:noritora:20200922043944j:image
f:id:noritora:20200922043951j:image
f:id:noritora:20200922043940j:image
f:id:noritora:20200922043954j:image

鬱積したものをバンドもお客さんも吐き出していただこうと、爆音でのライブでした。

 

コロナに攻められた半年で、受け身だった人々は全国的に反転攻勢の雰囲気切り替わってきてます。

 

コロナに怯えるだけでなくて、智慧をもって"共生"ではなく"対峙"していく姿勢が必要な時が来たと思います。

 

コロナは欧米においては猛威をふるう感染症ですが、なぜか日本人には季節性インフルエンザ程度で、日本での人口当たりの死者数が欧米の約 100 分の1であったり、オーバーシュートが起こらなかったり、過去半年間のデータをみれば、交通事故や他の病気、自殺者の方が問題であり、充分な感染対策と注意喚起継続しながら、コロナに対する捉え方自体を変えるタイミングかと思います。

(※ちなみ一般を対象とした抗体検査(0.1%-8%)とPCR 検査(1-3%)から日本には既に数百万人単位の感染者がいたことになり、無症候性患者が多数いる。
死亡率は季節性インフルエンザと同程度の 0.02―0.04%前後
日本における 2020 年上半期の死因別ランキングで新型コロナは第 41 位(約 900 人)。

毎年3000 人ほどの死者が出る季節性インフルエンザは 37 位)


7月からは第2波の様相でしたが、PCR検査数が増えたのが大きく関係しており、1-2 週間遅れで増えるはずの重症者、死者は第1波のように増えていないことから現状は無症候性・軽症の PCR 陽性者が主で、第一波で医療者がコロナ対応に慣れてきたのと、検査がキット化され医療技術が必要なく、美容外科でも検査キットがあれば検査できるようになってることが関係あります。

(※医者はフォーマットの陰性証明書に患者の名前を入力しプリントアウトしてハンコ押すだけだそうで、検査キット自体も安く利益率も高いので、都市では自費4万での検査を受ける方がたくさんおられ、へんな話、PCR検査バブルで高級外車を買った開業医もいます。)

 

しかし、感染者対応できる医師が少ないのと、そもそも日本の対人口当たりの医師数、医療費の GDPに占める比率がG7中最低という現状はあり、コロナ以前から救急患者のたらいまわしに代表される医療崩壊があり、そこに新型コロナが上乗せされたので大変な状況ではあります。

そしてまた、コロナ患者を受け入れた病院の 9 割が赤字でなので、ここは政府による、コロナに対応している病院への思い切った財政支援をするべきで、それによってコロナ対応病院は医療崩壊を防ぐ確率を上げることができますし、国民も安心して経済を回せるようになります。


新型コロナは季節性インフルエンザと同程度であることを証明するには患者数と死亡率を算出する以外に方法はなく、検査バブルをやむなしとして、広くPCR 検査を試験的に実施して、第二類感染症からダウングレードさせ、同時に自然集団抗体獲得を見据えながら、国民にコロナの現状と安全性を啓蒙し、実害のない新規陽性者数に一喜一憂せず、政府がコロナ対応病院を援助し、第2類感染症指定をはずすことで医療崩壊は防げるので、基本的な感染対策をしながら、生活と経済優先で進めるれれば、未来をまたみることができるようになると思います。

 

f:id:noritora:20200922044256j:image
f:id:noritora:20200922044314j:image
f:id:noritora:20200922044311j:image
f:id:noritora:20200922044307j:image
f:id:noritora:20200922044300j:image

f:id:noritora:20200922044445j:image

f:id:noritora:20200922044449j:image


f:id:noritora:20200922044304j:image

智慧と勇気と利他の心を持って、生きれば必ず道は開けると思います。

 

Keep A Rock'in