矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

レコーディング終了!

f:id:noritora:20190202121622j:image
f:id:noritora:20190202121732j:image
f:id:noritora:20190202121540j:image
f:id:noritora:20190202121558j:image
f:id:noritora:20190202121736j:image
f:id:noritora:20190202121638j:image
f:id:noritora:20190202121631j:image
f:id:noritora:20190202121611j:image
f:id:noritora:20190202121552j:image
f:id:noritora:20190202121535j:image
f:id:noritora:20190202121651j:image
f:id:noritora:20190202121544j:image
f:id:noritora:20190202121715j:image
f:id:noritora:20190202121655j:image
f:id:noritora:20190202121607j:image
f:id:noritora:20190202121644j:image
f:id:noritora:20190202121634j:image
f:id:noritora:20190202121722j:image
f:id:noritora:20190202121704j:image
f:id:noritora:20190202121709j:image
f:id:noritora:20190202121615j:image
f:id:noritora:20190202121627j:image
f:id:noritora:20190202121647j:image
f:id:noritora:20190202121528j:image
f:id:noritora:20190202121744j:image
f:id:noritora:20190202121549j:image
f:id:noritora:20190202121727j:image
f:id:noritora:20190202121603j:image
f:id:noritora:20190202121740j:image
f:id:noritora:20190202121532j:image
f:id:noritora:20190202121700j:image
f:id:noritora:20190202121619j:image
f:id:noritora:20190202121718j:image

 

レコーディング終了いたしました!
今回で3回目のカラーマークスタジオでのレコーディングでしたが、今回は素晴らしいミュージシャン仲間に参加していただき過去最高の作品になったと思います!
ソロアルバムですが、Danさん、エディ河野君のモンスター級のリズム隊、アーティスティックで繊細で心配り深い富貴絵さんのハモンドオルガンフェンダーローズのプレイ、コーラス、なおたんの的確なハープ、出会ってすぐ意気投合してギターソロを弾いてもらったプロギタリスト高田明くん、
カラーマークスタジオを根城にするマジックインジエアーのドラマーウツさんの打楽器サポート、ノリコのゲストボーカル、スタジオオーナーでエンジニアのロベルトさん。
皆、お忙しい中時間を割いて、才能とフィジカルを駆使した素晴らしいプレイしてくださり、本当にありがとうございました!
心より感謝です。
またスタジオに遊びに来てくれたnorthernのあかりんこ、エスパー伊東、奥ちゃん、富山ミュージックシーンのリーダー高田先輩、ありがとうございました!

音源はミックスダウンしてからロベルトさんの御配慮でテキサスのマスタリングエンジニアに送られることになりました。
発売日はまだ未定ですが春くらいかと思います。
全国・全世界で発売されます。

"あれになろう、これになろうと焦るより、富士のように、黙って、自分を動かないものに作り上げろ。
世間に媚びずに世間から仰がれるようになれば、自然と自分の値うちは世の人がきめてくれる"というのは吉川英治さん著の宮本武蔵の言葉ですがまさに人生はそれて、昨日よりも今日、今日より明日と成長し、去年の今頃の自分と比べて前進・成長していれば勝利の人生だと思います。
人は結末がどうあれ成長し続けなければならないと思います。

司馬遼太郎さん「竜馬がゆく」の中に『男なら、たとえ、溝の中でも前のめりで死ね』との言葉ありますが、それが生きてる者の義務であり、亡くなった方々への葬いになるのだと思います。
地位や名誉や金はどうでもよいことです。