矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

グレッチはん

f:id:noritora:20181203012446j:image

黒のホットロッドに続いて、前々から探していたダイナソニックピックアップ付きの6120が見つかったと連絡あり、色はゴールドで24金パーツという稀有な機体だというので即送ってもらった。

f:id:noritora:20181203012811j:image

この機体はブライアン・アダムスのギタリスト、キース・スコット氏のシグネチャモデルで、到着次第いつもリペアメンテナンスでお世話になってる102worksに配線リファインをしていただいた。

今回は原型を活かす為に、トーンやボリュームをバイパスするホットロッド配線にせず、コンデンサと配線材の交換にとどめ、オクターブチューニングの合わないスペースコントロールブリッジやオリジナルペグのままにすることに。

あとはビグスビーのスプリングをロングに変えストリングリテイナースポイラーに交換。

 

自宅で弾いてるときはノイズが多く心配したが、スタジオで鳴らすと全然問題なく、バンドサウンドに埋もれることなく、フィルタートロンの6120で問題点だった6E弦のパワーの無さを解決した、ハイパワーでキレのあるエッジの立ったシングルコイル・ディアルモンドの音を堪能しました。

 

f:id:noritora:20181203013558j:image

アンプも故障していた59ベースマンリィッシュがリペアされたので、スタジオで初音出し。

59ベースマンリィッシュは音が固く、スピーカーが10インチ4発で低域がでにくく悪い歪みが出て、音が作りにくいのですが、パワー部のクリーンに近づける
調整、プリ管一本目のゲインを
押さえて歪みにくく調整していただいたら、かなり扱いやすくなりました。(パワー下げたのでボリューム3以下だと音はでないです。)

f:id:noritora:20181203014258j:image

足元はダイムバッグクライベイビーとケンタウロス後継機KTRとJRAD/アーチャー・アイコン(二台ともドライブを弱めにして、同時に踏むとオーバードライブくらいの効きになるようにしてあります)と今年下半期のフェイバリットエフェクト・トレモロトレモロは使い勝手よく、フェイズ90より全然好きです)アナログディレイを配してあります。

Cools BBA Special用のエフェクターセットも基本同じで、クライベイビーがあるかないかの違いになっとります。

 

f:id:noritora:20181203015527j:image

新しい金色6120グレッチ(通称百式)は他の6120よりネックが太かったりボディトップ・バックとも硬く、本体の厚みも厚くガッチリしていたり、明らかな違いがあります。

スペースコントロールブリッジのせいかよくわかりませんが、チューニングがあまり狂いません。

なんかグレッチのアバウトさが少なく

ギブソン355みたい真面目に作ってあります。

この真面目さは限定生産キース・スコットシグネチャモデルというのが理由なんだろか。

そういえば他のシグネチャのブライアンセッツァー6120やカルトのビリーダフィシグネチャもしっかりした作りだった記憶があります。

ハイスタのシグネチャ、なんちゃらファルコンはグレッチ通常運転なデキだったけど。

f:id:noritora:20181203021434j:image

f:id:noritora:20181203021359j:image
f:id:noritora:20181203021407j:image
f:id:noritora:20181203021411j:image
f:id:noritora:20181203021404j:image

所持するグレッチを弾く写真をば。

1番最後は 5to1結成前の写真。

皆若い。