矢郷良明 LIFE philosophy

思考と哲学の旅日記

3.24 GOOD FELLOWS 下山淳さんソロライブに。

 

f:id:noritora:20180323020821j:image

下山淳さんのお名前とギターを初めてお聴きしたのは映画監督の石井聡互さんと”パチラスアーミー”というパンクバンドに参加されたアルバムからで、1982年くらいだったと思う。

高1の時にリアルタイムでこのアルバム買ってる。

その後すぐに小さい頃の雑誌・宝島で休止中のルースターズの別ユニットであった”1984“にギタリストとして参加された記事がでていて、復活したルースターズのアルバムにも参加され、正式メンバーとなっておられ、アルバムDIS.からGOOD DREAMS 、Φ PHY 、SOS、NEON BOY 、KAMINARI、PASSENGER、FOUR PIECES 、FOUR PIECES LIVE までルースターズでギターを弾いておられた。

私は全部リアルタイムで聴いてる。

 

下山淳さんは私が影響を受けた日本人ギタリストのトップ3のお一人で、ルースターズの頃はU2のエッジ的なディレイサウンドを駆使されたり(これは曰くあり、エッジより先に下山さんはディレイギターサウンドを確立しておられました。ところが某活字ロック誌の有名編集長が「下山淳のギターはエッジ云々」と書いたためにエッジの後発なイメージがついてしまい、怒った下山さんは二度とそのディレイサウンドアプローチつかわなかったそうです。)、様々なバンドでロキシーミュージックのフィル・マンザネラ、The Doorsのロビークリーガーのようなプレイをされ、The Doorsマニアの私はツボで下山淳さんのお名前のあるアルバムを探して聴き漁っていた。

ちわきまゆみさんのアルバムでもギターを弾いておられたのをほぼ全て聴いてる。

またルースターズの前身、人間クラブのボーカリストだった南浩二さんのソロアルバムGLITTER で下山淳さんはプロデュースと作曲、ギタリストで参加されておられ、ロキシーミュージックのバージニアプレーンのような曲をやっておられたのが凄く印象的だった。

似たような時期に遠藤ミチロウさんのソロプロジェクト、Michiro,Get The Help!で『オデッセイ・1985・SEX』というシリーズ3連作12インチ・ミニ・アルバムを発表され、そちらでも下山淳さんのギターで参加されており、みちろうさんはグロテスク・ニュー・ポップと呼んでおられたが、このミニアルバムシリーズにビートルズのヘルプのカバーを収録されており、このギターソロがまたカッコよく、後に 5to1のサイドユニットでヘルプをカバーした時に下山淳さんの弾いたギターソロをまんまパクらせてもらった。

このころ柴山さんのバンドでもギターを弾いておられ、ライブでThe Doorsの曲を(ハートに火をつけてとタッチミー)カバーされていたのを聴いたが、それは本当カッコよかった。

雑誌で下山淳さんが「マイブームはThe DoorsのL.A womanを弾くこと」と答えておられ、それを読んで自分もL.A womanを完コピし、のちに 5to1のカバーセトリの常連曲となった。

 

余談だが、私のバンド、 5to1はThe Doorsの曲、Five to Oneからつけてあり、まず私はThe Doorsありきの音楽人生で、The Doorsリスペクトするバンドは全てリスペクトしている。

ちなみに 5to1は5:1が本当の書き方で、意味はマジョリティ人種とマイノリティ人種の対比率を表したものである。

 

話しは戻り、みちろうさん3連作後、ゲイノー・ブラザーズとなり、下山淳さんもそのまま参加し、破産というアルバムを発表されている。これまた素晴らしいアルバムだった。
その後は、柴山俊之さんと活動されたり、泉谷しげるさんwithLOSERに参加、RAELを結成され、60/40を結成され、沢田研二のツアーに参加されるといいう凄い手練れギタリストぶりである。特に仲井戸麗市さんと組んだ泉谷しげる with LOSERは凄かった。
他にも小泉今日子さんやうしろゆびさされ組のアルバムにもギターで参加しておられるという天才ぶりである。

現在も元ルースターズの花田さんとのバンドRock'n'Roll Gypsiesで活動もされておられ、かなり硬派なロックンロールをプレイされておられます。

 

下山淳さんの弾いておられたギターで印象的だったのはノンリバースのファイアバード。

あと、雑誌の連載で「いいバンドにはいいベーシストがいる。」ということ書いておられ、当時ベーシストだった私は更にベースにのめり込むキッカケになった。

とにかく昔からクリス・スペディングなど好きな私には下山淳さんは同じ匂いのするギタリストで、ロックの核心的なものを授けてくれた素晴らしいギタリストで、心からのリスペクトでお迎えしたいと思っている。

 

私だけでなく、心あるミュージシャン達の中ではレジェンド的な下山淳さん。現在も素晴らしいギタリストとして活躍されておられ、そんな神ギタリストが富山県高岡市GOOD FELLOWSにお越しになり、様々な影響を受けた私が下山淳さんの前座でギターを弾くというのは奇跡みたいな話しで、本当に神や仏に感謝したい。

そんな奇跡なライブであり、本物の一流アーティストさんを体験できる貴重な機会なんで、ぜひ、3.24土曜日は高岡市GOOD FELLOWSにおこしあれ。

                                                矢郷良明