矢郷良明 LIFE philosophy

思考と哲学の旅日記

5to1 高円寺グリーンアップルライブ!

f:id:noritora:20180306181016j:image

 

f:id:noritora:20180306181038j:image

日本版ジョーン・ジェット、女性版鮎川誠さん、尊敬するRico Jett姐さんの御招きで、高円寺グリーンアップルでのRock till ya drop vol 11に参戦させていただきました!

高円寺グリーンアップルさんはお友達バンドさん達がよくライブされておりよき雰囲気で機材もビンテージでよい雰囲気のお店です。

ギターアンプがELKでした!

 

f:id:noritora:20180306181827j:image

今回の 5to1メンバーはベースに金沢の拾参階段、炎刃のヒロッチ、ドラムは金沢northern lifeのあかりんこの最強メンバーで参戦。

ヒロッチとあかりんこは向上心高く、音楽センス技術も素晴らしく、絶えずセンス技術を研鑽し続けており、石川県では間違いなくトップアーティストです。

私はバンド単位よりプレイヤー・人で観ており、個人として確立し向上心高いプレイヤーさんが集まったバンドこそ良いバンドだと思います。

f:id:noritora:20180306183103j:image

で、キャプテンハーロックを思い出した。

浅羽通明さんのアナーキズムという本でハーロックからアナーキズムを解説してる本があり面白いのですが、自己練磨し続け、高い見識と人間性、生産性を持つ者が自由を獲得し、その自由な者が集まり作られていく社会が、アナーキーの本意であるという。

重要なのはアナーキズムの器肩書きではなく、自己練磨し続け、高い見識と人間性、生産性を持ち向上しつづける義務が人間にはあるということを訴えていることである。

多々あるアナーキズム解説は真意を読み誤り歪曲して書かれているが、私もこれが正しいアナーキズムだと思う。

キャプテンハーロックとエメラルダスはそんなアナーキズムの真意を表した象徴でもあり、松本零士先生もそこを表現されたかったのだと思う。

 

そんなこんなを反映したキャプテンハーロックの歌がカッコいい。

"君が気に入ったなら この船に乗れ
いつかなくした夢が ここにだけ生きてる
どこへ行ったのか かわいい野の花は
どこへ行ったのか やさしい魂は
君が生きるためなら この船に乗れ
いつかなくした夢が ここにだけ生きてる
君が戦うのなら この船に乗れ
胸に信じるものの ためにだけ旅立て
どこへ行ったのか きらめくせせらぎは
どこへ行ったのか あかるい歌声は
君が生きるためなら この船に乗れ
胸に信じるものの ためにだけ旅立て
君が男だったら この船に乗れ
力いっぱい生きて 満ち足りて死のうよ
どこへ行ったのか ほほえむ太陽は
どこへ行ったのか ふれあうまなざしは
君が生きるためなら この船に乗れ
力いっぱい生きて 満ち足りて死のうよ"

 

で 5to1はそんなキャプテンハーロック的なアルカディア号的なバンドで、才能ある者達で造られた器であれと思っており、そして私に誰かを引き立てるチャンスがあるなら、努力し続けてる才能ある友と分かち合いたいと思っており、今回からヒロッチとあかりんこが乗り込んでくれた。

f:id:noritora:20180306185950j:image

グリーンアップルはお客さんが超満員で酸欠になるような状態!

凄い!

日曜日の夜ですが、こんなにたくさん集まられ最後までお客さん全員おられるので、やっぱ東京高円寺、文化が違うな!と驚いておりました。

すぐ近くに私がハードコアバンドでギター弾いたころによく出演し、初期 5to1で出演した高円寺Highもありました。

 

ライブは私の志し深く共有する親友、ケンタロさんのサウザンパンキーオンからスタートし"the blues"の塊をプレイされる。素晴らしい!
●サウザンパンキーオン

f:id:noritora:20180306184535j:image

次がガレージパンク界で名前を轟かすスーパーオールゴーで、説得力抜群の歌と演奏でした!

スーパーオールゴーのかなえさんは富山県高岡市の方で、高岡市にあったライブハウス、チャビの木ハウスの想いで話とPAだった私の後輩、春日君の話をしておりました(笑)

●SUPER ALL GO かなえさん

f:id:noritora:20180306185432j:image

続いてスリーベースヒットさん。

あの歴戦の強者、伝説のロカビリー 、サイコビリーバンド達、BILLY THE CAPS, STRUT, SCAMP,のメンバーでのトリオでダサいわけがないカッコいいの塊でした!

スリーベースヒット

f:id:noritora:20180306185841j:image

そして 5to1!

ヒロッチとあかりんこのラウドなリズム隊でバンドはハーレーダビッドソンのようなノリでのりこはんも私もノリまくってました(笑)

私は冷えたのか下痢してて高円寺駅前のパチンコ屋のトイレとグリーンアップルを往復しており、髪型はセットできず、Tシャツはサイズ間違えて着てる、ジーンズは思ったものと違うもの持ってきてしまうなどわやわやしとりましたが、ライブで一気に回復しました!

久しぶりにライブで弾いたギブソンレスポールカスタム スティーブジョーンズカスタムも気持ちよい音だしてくれてました!

お客さんからも音がラウドなのにメロディある曲でロックンロールでカッコよかった!とお声かけいただきました。

恐縮デストロイ。

ヒロッチもあかりんこも眼の肥えた東京のお客さん、バンドさんから1発で人気者になり、ライブから大声援うけており、お客さんもノリノリで、ライブ後もお客さんに話しかけられたり写真とったりと人気者でした!

私も2人に来てもらってよかったと嬉しいデス!

 

f:id:noritora:20180306191418j:image

f:id:noritora:20180306191603j:image

 

f:id:noritora:20180306191657j:image

 

f:id:noritora:20180306191747j:imagef:id:noritora:20180306191816j:image

f:id:noritora:20180306191851j:image

 

そしてトリはスリーズシスターズ!

もう凄いのなんの!

美穂さんは神懸かりボーカルだし、リズム隊が半端なくバケモノ級のグルーブで、Rico姐さんのギターはピートタウンゼントの若い頃みたいな、ギターウルフのセイジさんみたいな、それでまた女優さんみたいなカッコよさで痺れました。

本当パンクとかなんとかのジャンル超越した超ロックンロールです!

よく肩書きやキャッチフレーズに"ロック"や"ロックンロール"と使われますが、そんなん使う奴らほど笑いをとるネタで使ってるか、マジでダサく、"ロックンロールやロックと関係ない法則"があるんですが(笑)スリーズシスターズはなんの肩書きも必要ない、リアルロックンロールでした!カッコええわ!

本当みんな聴いた方がよいわ。

●SLEEZSISTERS

f:id:noritora:20180306192452j:image

 

f:id:noritora:20180306192540j:image

Rico姐さん達のV.Aコンピレーションアルバムも発売されております!

ナイスアルバムです。

f:id:noritora:20180306192744j:image

f:id:noritora:20180306192812j:image

打ち上げでRico姐さんとケンタロさんと先々の夢あるお話ししていたとき、店内でTHE WHOのトミーがかかっていたのが印象的でした。

まだ夢は見続けられそうですねとお話ししておりました!

 

また近いうちに東京に 5to1やってきます。

あかりんこヒロッチのりこ矢郷のハカイダー4人衆で。

f:id:noritora:20180306193501j:image

f:id:noritora:20180306194732j:image