読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

déraciné

思考と哲学の旅日記

大ふへん者

f:id:noritora:20161210024811j:image

日曜日はLIVEです!

12.11 (日)Open18:30 start19:00
金沢市 MUSIC BASE EXTREME
金沢市円光寺3-21-39)
LIVE ACT

⚪︎The yellow monzen
⚪︎northern life
⚪︎5 to 1 (from TOYAMA)
⚪︎Cosmic Romance

 

先月27日に続き今回も金沢でLIVEです。

石川県の方々、ぜひおこしやす。

物販でCDお買い上げの方にもれなく好きなプロレス技をおかけします。

f:id:noritora:20161210024030j:image

金沢のnorthern lifeさんとまた共演できるので楽しみです。

会場のmusic base EXTREMEさんもずっと気になってた会場なんで、これまた楽しみです。

石川県はバンドさんとアコギ系が分かれていて、バンド勢はオリジナルをやってるバンドが多く、オリジナルやってるから自然にクオリティも高めになってます。

また対バンでいろんなバンドさんと知り合うのも楽しみです。

地元でLIVEするときはまた違うかんじですが、県外は試合しにいくとか空手の大会に出るような、チャレンジ・腕試し的な感覚で楽しいです。

 f:id:noritora:20161210024937j:image

そうこうしていたら石川県のバンド友達も増えてきて、来年からは金沢でも定期LIVEやろうかとマジで考えてます。

f:id:noritora:20161210025305j:image

私は人様からは空手や格闘技、プロレスラーの方がイメージ強いですが、元々は音楽少年だったのがLIVEがキツくなったりなかなか音楽は結果でにくいので、カラダを鍛えてたらどんどんデカくなってしまい、誘われて空手の選手になって、大会にも出たら優勝してしまい、本部がニューヨークだったので、ニューヨークに来たら黒帯やると総主に言われ空手選手になったわけです。

アメリカにはその前から行っていて、ロスアンゼルスに行っていたことがあり、当時はベニーユキーデさんのジェットセンターがまだあって行ったり、ボロい ジムでボクシングを習ってたらロッキー5に出ていたトミーモリソンが練習にきていて、私と年齢は1歳違いで身長は2センチ.トミーモリソンのほうが高く、とにかく似たような体型だったので軽いスパーとかさせてもらってました。しばらくしたらトミーモリソンが逮捕されちゃって居なくなったんですが、そのあとフォアマンを破りWBOのヘビー級チャンピオンになってました。タイソンとの試合を契約したらHIVが発覚し、すべて破棄されてました。結局、2013にネブラスカで44歳で亡くなられた。

 

f:id:noritora:20161210031610j:image

プロレスラーになったのはたまたまリング屋さんと地元のプロモーターが私の試合エキシビションを観て、当時ゼロワンって団体に外人いっはい来てたので、その外人と試合できたらよいなとポロっと言ってしまって、じゃあプロレスもやってよって話になり、プロレスをやるはめになって。

その時は地元の空手選手も一緒にプロレス的な試合をイベントでやったのですが、プロモーターとリング屋さんは私だけ欲しいとなり、私は一緒にやった空手選手もプロの試合に上げて欲しいと頼み、一緒にプロレスをポーゴさんの団体で二、三試合やったんですが、その人達はなぜかポーゴさんの団体に所属してしまい、私は独自で金村キンタローさんと親しかったので、富山で冬木軍興行をやり、チケット相当うって高岡市テクノドームを満員にし、石川雄規さん誰か組vs当時プロレスバリバリだったチョコボール向井さんと私がタッグを組み、試合してました。この時にGENTAROさんと知り合ってます。

で、やってるうちにプロレスにハマって、「これはプロレス真面目におぼえないとあかん」と思い、金村キンタローさんに頼んでTAKAみちのく氏の千葉のKAIENTAI dojoに稽古にいくようになり、稽古だけかと思ったら、ついでに試合してけば、と言われ参戦するようになったのです。

この時に版権のない入場曲を必要とされ久しぶりにギターとパソコンで音源を作ったらたまたまキングレコードからそれが発売された。ここでようやく音楽の世界にも戻れたわけです。

で、毎週千葉まで行っていたら距離感マヒしてきて、アメリカに試合ブッキングを菊タローさんにしてもらい、アメリカではなぜか私のスタイルが人気あり、超プッシュされて、当地トップレスラーといきなりシングルマッチを組まれ、あばらを折りながらドラゴンスープレックスで勝利。現地のトップスターを破るのはフォーカードくらいの奇跡で、雑誌にも取り上げられましたが、読んだレスラーがみんな勝敗逆じゃないか?と疑問におもったくらいの青天の霹靂でした。

で、日本に帰ったら前々から知り合いだったDDT高木三四郎氏からオファーをいただいて、そのお礼に地元のチューリップTVでスポンサーつけて2回深夜地上波でDDTプロレス中継を放送したら、えらい視聴率で、これをきっかけに地元のメディアに食い込み出しました。

その後DDTに定期参戦させてもらったんですが、これがまた大学生のサー人ノリの延長でまったく理解できない私はノイローゼになりかかった(笑)でも10年前のネタなのにいまだにそのネタを邂逅するファンが居るのは、ネタがよかったのか、ファンが社会的に成長してないのか(笑)。

大阪のVKFにもあがるようになり、VKFでは愚連隊さんなど手練れ選手と絡む機会多く勉強なりました。

で、DDTさんの両国大会に出ていたTAJIRIさんの目にとまり、ハッスルから産まれた新興団体、スマッシュにブッキングされ、対戦相手が同郷の小路さんで、いろいろ凝ったフックをしかけたらお客さんに大受けし、TAJIRIさんやオーナーに気に入られ、そこからSMASHDDT(ユニオン)の常連になるんですが、途中でSMASHがWNCに変わり、結構TAJIRIさんと仲良かったのですが、DDTさんとはどんどん疎遠になっていってしまいました。

残念ですが、たぶんもう絡むことないと思います。

そのあとVKFが復活するので、VKF東京を一年やってイメチェンしてから起動に乗っていた音楽活動を完成させるためにに辞めようかと思ったらシアタープロレス花鳥風月さんと知り合い、花鳥風月さんには勝村選手はじめ、シュートファイターがゴロゴロ居て、私も馴染みやすく、そのままプロレスコンテニューした状態になってます。

VKFのお客さんはじっと観てるかんじで楽しんでくださり、シアタープロレス花鳥風月さんは客席が近くもりあがります。

そんな私は2.5シアタープロレス花鳥風月AKIRAさんと組んで復帰になります。 

f:id:noritora:20161210041246j:image 

VKFは大阪に戻りまた新しい世界観を作り出してますから、代表カラーのルチャプラスジャパニーズスタイルがいいんじゃないかなとおもいます。

シアタープロレス花鳥風月さんはもっと違うベクトルでプロレス表現されたらよんでないかと考えております。

いままったくプロレスを観ないし、WWEのストーリーラインも全然興味なく(アメリカドラマ、NCISやクリミナルマインド、スコーピオン、メジャークライムを観ていたらかなり緻密かつ高尚なストーリーで、それに比べたらWWEはかなり幼稚で、一体何歳児対象なんだかと思ってしまいます。)

 

f:id:noritora:20161210045833j:image

12.18は友達の髑髏海月ちゃんがロックバンドでコッソリ歌います。

クローバーホールです。

 

というわけで、日曜日ライブヨロシクです。

来年もいろいろおたのしみに。

 

広告を非表示にする