読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

déraciné

思考と哲学の旅日記

現世安穏

f:id:noritora:20161113011818j:image

土曜日は富山市で劇団 演人全開血が滾ってきたぜ!さんの15周年の公演、

ロックロックロッカーに友達の兄弟ロッカー、SAHAJi君が出演するのをバンドのメンバーとバンドをいろいろ手伝ってくれてるかなえもんさんと一向で拝見してきた。

劇団チガタギさんの前回公演の妖々解奇譚も素晴らしかったので、そこにSAHAJiが絡むのも楽しみでもあったし、これまたお友達の聡美さんが女優さんで出演されているので必見の公演だったんだが予想以上に素晴らしく、本当に面白かった。

台本がよく練られていて、さすが宇野津代表さんだなと感嘆しておりました。

f:id:noritora:20161113013021j:image

ロックロックロッカーは”ロッカー(SAHAJi君)がロッカーにはいりロックされるとどうかなる”ってお話しなんですが、こんな話しを自分も経験したなあと思い出していた。

プロレス団体 DDTさんが今ほどメジャーじゃない頃、私はたまにリングに出ていたんだけど、その中の出来事に、私が後楽園ホールのロッカーに1ヶ月閉じ込められ、1ヶ月に髭が延びて仮死状態で発見さられ、6人タッグマッチで一人足りないから私がロッカーから運び出され、担架で入場、リングのエプロンで寝かされてていつのまにか試合終了。 また担架で運び出されるという前代未聞の展開があった。

(あの頃のDDTはとんでもないことがたくさんあって、自分だけでもイタリアンタイガーと名乗り勝手に版権の厳しいタイガーのマスク被って何試合もしたり、アイアンマンベルトを取って記者会見していたら空気人形のレスラーヨシヒコにウラカンラナされ、ベルトを奪われたり、当時潰瘍性大腸炎がひどく試合できないのでマミーにされたり、マミーからモスラになって死んで、赤い彗星ヤゴウ・アズナブルとして復活して、必殺技ズゴッグの爪を装着したズゴッグ走りからの”ジャブロー突き”を引っさげ、一年契約戦争を勃発させ、モビルアーマビグ・ザム星たんごさんや、赤い彗星の兄弟、いまライオンマーク会社のトップ外人ケニーアズナブルと組んだり、星の屑作戦としてソロモンの悪夢・アナベル・タローを投入、DDT2度目の両国国技館で最終決戦になったのだが、当時のDDTさんにビッグネームを多数呼べなかったので、両国ポスターのど真ん中に赤い彗星ヤゴウアズナブルの写真を載せてたが、あれは版権超厳しいバンダイからぜったいにクレームが来ると思った。無事にやり過ごせたのは奇跡だったし、あんな狂ったことは2度とできないんじゃないか?)

 

劇団チガタギの女優さん、聡美さんは某ラジオ局アナウンサーもされている。

で、私は金曜日の朝エフエムいみずでワイド番組をやっていて、聡美さんも金曜日の朝同じ時間帯に他局でワイド番組をやっておられ、またまたお友達の一緒に番組をやらせていただいてるフリーアナウンサーの牧内直哉さんも金曜日の朝同じ時間帯に他局でワイド番組をやっておられ、面白いからと、私が夕方にもやってるワイド生放送に2人をゲストにお招きするというアンタッチャブルなこともしたことがある。

 

f:id:noritora:20161113020514j:image

自分もはや来年50で、人生いろんなことしてきて、いろんなことあったが、その時は辛くても時が経てば「あの経験を経たからから次も大丈夫」と泰然自若とするようになった。

いまも体調がよくなく、体重が8月から16キロ以上落ちたが、まあなんとかなるだろうし、痩せていろんな服も着れるし、なるようになるんじゃないかな。と楽観している。

f:id:noritora:20161113021548j:image

先月ライブで共演した髑髏海月ちゃんのアルバムをよく聴いてるんだけど、無常観とか死生観がすごく仏教的でいろいろ共感している。

仏教って本当は楽観主義で、死んで極楽浄土とか他力本願発想ってのは仏教思想というより、古代キリスト教ネストリウス派景教に影響を受けた仏教からの発想だと思う。

 

釈迦の説いた法華経の薬草喩品ってとこに、”現世安穏後生善処”って言葉が出て来るんだけど、これは”現世では安穏、後生はよい世界に生まれるよ”意味で書いてあるんだけど、本意は、”現世安穏はなんの波風もない、順風万帆の日々を送れることでなく、激しい試練のような時があっても、負けずにその試練にチャレンジして、悠々と乗り越えていける境涯を持てること”を意味したそうです。

いろんなことがあっても我が運命を恨んだり妬んだりせず、現実を受け入れ、成長のチャンスと考えて乗り越えて、”より価値ある素晴らしい景色が見える時だ”と、私もいろいろなことを経て、そう考えれるようになった。

人生の冬は必ずあるし、それは必ず乗り越えられる。

親愛なる彼女達、彼等達、友人達もピンチはチャンス!とポジティブに前進していって欲しいなと、劇団チガタギのロックロックロッカーを観ながら思った。

she will definitely overcome and make bigger flowers bloom.

I hope so.

 

 

 

広告を非表示にする