déraciné

思考と哲学の旅日記

VKFまであとわずか!

矢郷GM大先生の8.28 VKF 新宿フェイス ビバラ・レボリューション大会の各試合解説!

▼第1試合 シングルマッチ 15分1本勝負
ヒロ・トウナイ
vs.
岡大介

「トウナイ君は彼がKAIENTAI入門時から知っておりますが、どの世界でもそれなりに成功できる生真面目な男です。
試合も生真面目さが出てます。名前をヒロ・トウナイでなく、HIRO☆トゥナイトにすれば良いのに(笑える)
正岡君はVKFに参戦してる時に知り合いましたが、素晴らしい才能ある男です。
才能ありすぎて、人生に世迷いながらプロレスに戻ってきた感じです。
彼等二人なら、VKFの目指す部分を体現する試合になると思います。」

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
菊タロー佐野直
vs.
ヤス久保田/ヒデ久保田

「菊さんはもう、大先輩で、本当にリスペクトしております。素晴らしい方です。
佐野直選手は私がプロレスを始めた頃からよく一緒になったのですが、最近観てませんけど、なんだか掴み所ない変わった方ですね。
対戦相手のクボブラは地方インディ選手ではトップどころのタッグプレイヤーです。
クボブラが菊さん佐野組となると鉄板の部分とアクシデントの部分と絶妙なバランスの試合になると思います。」

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
HARASHIMA/KUDO/HIROKI
vs.
空牙/政宗/HAYATA

「これはDDTトップのHARASHIMA選手と私がアメリカ遠征中に知り合い、友人になった、ナイスガイKUDO君のチームに、フリーになって飛ばしているHIROKI君がトリオを組まれ、道頓堀で勢いに乗る空牙選手、私がアメリカで試合してる時、一緒にレンタカーに乗って会場に行った政宗君、伸び盛りのHAYATA君の関東vs関西の代理戦争的な感じですね。
これは好勝負になるでしょうね。」

▼第4試合 6人タッグマッチ 45分1本勝負
高木三四郎/タンク永井/福田洋
vs.
NOSAWA論外/土肥孝司/篠瀬三十七

「はい、私と因縁浅からぬDDT高木大社長が自社の福田君、KAIENTAIの伸び盛り、タンク君を従え、インディ系フリーの大物アウトサイダー・NOSAWAさんがなんと、TAJIRIさんのWNCの選手を従え対戦という、意味深な試合です(笑)
土肥選手はWNCの若い者頭的な存在です。
篠瀬選手は実は高木三四郎大社長と、ちょっとしたエピソードがあり、それで対戦できるリングを提供できればと、組んだ部分もありますから、これは必見の試合です。」

▼第5試合 ミックスドタッグマッチ 45分1本勝負
朱里/エイサー8
vs.
木村響子望月成晃

「この試合は文句無しに観たい試合ですね。
VKF川村代表が閃いてマッチメイクしたんですが、さすが本業・映像屋さんです。芸術家肌です。
WNCの朱里ちゃんが、ドラゴンゲートさんのあの、望月さんと闘うとは、相当必見な試合です。
望月さんとは私が地元・富山でドラゴンゲートさんの大会がある時によく参戦させていただき、タッグも組んだこともあり、リングを降りても素晴らしい人格者で若い選手から尊敬されております。私も尊敬する選手のお一人です。
また、望月さんのパートナーが木村響子さんってのが本当に良いですね。
朱里ちゃんのパートナーがエイサー8選手ですが、この選手は侮れないですよ。
良い選手です!

▼第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
真霜拳號KAZMA SAKAMOTO
vs.
田中将斗崔領二

「私の歳下ですがアニキ分の真霜選手と選手としては先輩ですが、弟みたいなWWE帰りのKAZMAが久しぶりにタッグを組んで、ZERO ONEさんの超・名選手、日本屈指のコンプリートプレイヤー、田中将斗選手とこれまた素晴らしい選手、崔領二選手とのチームでぶつかります。
田中将斗選手、崔領二選手は相当な壁ですが、新しいVKFの扉を開く、真霜のアニキ、KAZMAでこの壁をぶっ壊して欲しいです!」

▼第7試合 VKF選手権試合 61分1本勝負
[王 者]矢郷良明
vs.
[挑戦者]KENSO

「昨年の7月にVKFの二代目チャンピオンとなり、初防衛戦となる私ですが、なんと最初のチャレンジャーが全日本プロレスKENSO選手です(笑)
いや、格の転倒、価値観の転倒現象みたくて笑いますね。
KENSO選手はWWEでも活躍され、WWE世界タッグチャンピオンにもなっておられますし、私も全日本プロレスさんなどでタッグで組んだり対戦もしましたり、地元富山ではKENSO選手と一度、シングルマッチで対戦しております。
その時は運良く、KENSO選手が勝利しましたが、今回はそんなわけにはいきません。キッチリ防衛させていただきます!
KENSO選手は相当な選手でございまして、オーソドックスなアメリカンプロレスからハードなジャパニーズスタイル、アイテムを使ったハードコアマッチまでこなします。
その凄さが今回は遺憾無く発揮されると思いますが、曲者・矢郷先生は只者ではないので、互いの世界観をぶつけ合って、ベルトを防衛したいと思います!

というわけで、8.28 VKF新宿フェイス大会はぜひとも会場にてご観戦くださいませ!
会場でしか観られないスペシャルも用意してありますから、ぜひともライブで!
ヨロシクどーぞっ 」

★チケット予約まだまだ受け付け中!
siegyago@gmail.con
ジャンジャン申し込んでくだはい!