déraciné

思考と哲学の旅日記

you can't judge a book by its cover

◆知人が市議会議員選挙に初出馬、初当選。
よかった!

事務所には当選御礼の貼り紙と、祝う人達で賑やかでした。


バンドも良い雰囲気で、メンバー全員の共同作業が実り、オリジナル曲も着々と仕上がってきとります。

なんとなく閃いて、私がギターに専念し、ボーカルを全面的にのりきち姐さんに任せようと、バンドをマイナーチェンジしたのが良かったようです。


空手道場も杏奈さんは指導者として成長してきておられますし、選手としてスエ子、虎君、アッキーが成長してきておりますし、幼年組さん、大人さんも伸びてきており、よい感じですし、ジムも会員さんが増えて賑やかになっとりますし、ラジオの仕事も順調ですし、金沢で懇親会の講演の依頼もいただいたりでよい感じの展開です。


何事も真面目に堅実にやるのが一番ですな。


◆you can't judge a book by its coverはアメリカの諺で、BO DIDLEYさんの名曲の題名でもあります。

若い頃この曲をバンドでカバーしてましたが、今のバンドでもカバーしだしました。

カッコいいです。

ストラトキャスターも素晴らしいですが、ホワイトファルコンもこれまた素晴らしいギターです。
サウスポーのストラトキャスターを右で弾いてるので、たまにホワイトファルコンを弾くと、とても弾きやすいです。