@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

道場稽古納め

◆今日でジムと道場の仕事納め稽古納めでした。

道場には久しぶりに高校一年生の葵ちゃんが来て、やけに縦横が成長してデカくなっており、道着も着れなくなってジャージで稽古に参加してました(笑)

で、葵は久しぶりに組手を皆とやったら、カラダがデカくなったのにプラス、過去の歴戦経験と稽古の下積みが膨大であり、“カラダで覚えたことは忘れることはない”を証明するような動きで、ディフェンスとオフェンス、腰の重さ、前に前に出てくる重圧、たたみかけるパンチと下段と、圧倒的な強さで、一つ上のレベルをいかん無く発揮しており、親御さんもシゲル君も、みんなビックリしてました。

JKJOに出る予定の高校二年生の杏奈さんや中2のカラダがデカい静也も、葵の形にはめられて、一方的に攻められいており、私も本当に驚きました。

葵は仕事をしながら学校に行き、人間的にも一回り大きくなっていて、それが彼女の空手にも表れてるのだと思います。
稽古できてないのに明らかに強くなってます。

シゲル君が復帰した時も、稽古してないのにやけに強くなっており、生活が修羅場巡りだったので人間的に成長したことが空手にフィードバックされてるんだなぁと思いましたが、葵にも同じものを感じました。

彼女の毎日は常在戦場の精神なのかもしれません。
本当に葵はよい方向へ成長しました。

葵が本格復帰したら、全国制覇は二年以内で、できるかもしれません。
それくらい強いです。

◆しかし、稽古納めの年の瀬にとんでもない課題を葵は杏奈と静也に残してくれました(笑)

でも、杏奈さんは冷静に葵の強さを認め、自分になにが足りなくて、どうしたらよいか考える気持ちの余裕があり、私と交わす空手の会話もかなり次元の高い内容で、これまた「杏奈は成長したなぁ。」と感心しました。
杏奈も楽しみです。

◆矢郷道場の今年は皆、成長と勝利の一年だったと思います。

親御さんも毎回、稽古を観て、声をかけていただき、なにかと至らない私にも、包容力ある優しい眼差しで観てくださり大変感謝しております。

皆さんのおかげで、指導者、親御さん、生徒の、チーム一丸の体制が出来て来ました。

来年は未就学の白帯さんも増えますし、キックボクシングでの実力がある、かなえもんさんも道場に入門してくれたので、指導層が厚くなりそうです。

また2013も前進と挑戦して、矢郷道場全体で大成長し、勝利の年にしていきましょう。


ジムの皆さんも、みんな仲良く、お互い感化しながら、自己を高め合っておられ、よい雰囲気です。

皆、ありがとうです。


◆私は夜はジムの大掃除と年賀状書きをしとりました。

年賀状書きしながら、ロックのDVDを二枚観れました。

巳年なんでボア・ハンコックさんで決まった年賀状が、枚数足りなくなりました。




広告を非表示にする