déraciné

思考と哲学の旅日記

お空手改造ビフォア・アフター

◆土曜日はお空手。
白帯さんが増えて、宮田兄弟が入門。
コウキ兄ちゃんは年中さんかな。
ハヤトは年少三歳かな。

コウキ兄ちゃんは几帳面で、頑張り屋さん。
90秒のBOXジャンプを二セットこなしたのをみると、体力以上に精神力が強いです。
ハヤトはノルといろいろやります。
明るくて良い子です。

◆白帯さんの矢郷道場第四世代は上が年長のかほ、年中、ショーユ、コウキ、年少がハヤト。
これに来年から入門予定のショーユの弟、竜二の一回り小さい弟、ニコ、あと的場ブラザーズの三番目のチョロがやるかどうか?みたいな感じです。

どうせチョロはやるハメになると思うから、一日でもはやく覚えるのに早くやった方がよいです。

第四世代はまた年代近いので、小学生中学年くらいで、大会で活躍しだすでしょう。

また、楽しみが増えて行きます。

◆第三世代は現在、お空手の立ち方から基本のリフォームしていて、いろいろ実験中。

なんとなく小さいなりの心技体の充実と、回転しながら前に出る組手、チカラを点に集める技、など倒す技術の研究中です。

しかし、一番重要は“倒す!絶対勝つ!”の気魄です。

あとは毎日、コツコツと小さなことでもよいから自分の自主課題を自宅でこなすことです。

継続した修練をする癖をつけれれば、学業、仕事場で、とてつもない差をつけることができます。