déraciné

思考と哲学の旅日記

enfant terrible

      • -

◆enfant terrible 1
土曜日は急遽リハーサルが入り、ドラムのまっちゃんの代わりに杉君の中1の息子、タツヤ君がドラムを叩いてくれた。

なぜかタツヤ君と私は意気投合して、ファミレスで音楽や映画について語り合っていた。

タツヤ君のiPadには素晴らしい音楽コレクションが入っており、私の趣味と被る。

映画もエド・ウッド監督が好きらしく、それまた私と被る。

タツヤ君は知識の受け売りではなく、実感として審美眼と智恵を持っており、例えば、デビッド・ボウイのベストのアルバムはなんだ?と聞くと迷わず、ロウだと答え、ピンクフロイドのベストアルバムは?と聞くと、夜明けの口笛吹きと答えるし、シドバレットの良さも理解していた。

キングクリムゾンはレッドが好きだというし、ミーターズドアーズ、ラブetcも聴き込んでるし、ブライアンジョーンズのギターも好きだと言っていた。

マイルスディビスやジョンマクラフリンなどのJAZZも聴き込んでいるし、映画のバットマンが人格破綻者、サイコパスへのオマージュであることも弁えており、様々な分野の知識も半端ではないので、このまま勉強して、英語が堪能になり、早稲田くらいに入って、バックパッカーになり、ヨーロッパやアジアを彷徨い、芸術家かテロリストにでもなってもらいたいものである。

タツヤ君はまだ中1である。

コクトー恐るべき子供たちを思い出す。



◆enfant terrible 2

日曜日はお空手の大会。
初級・中級者の小さめの大会だったが、六年生のハヤテ君が前回の大会から奮起して、男子三日会わざれば刮目して見よ、のごとく、優勝した。

よかったハヤ君。

桜梅桃李の言葉のように、努力し続ければ、自分は自分の花を咲かせられるのです。

あとは、アッキー、リキ、ヒロトが出場していたが、一回戦敗退。
とはいっても、実力で負けたのではないので、全然問題ない。

機会を見て直接お話をしようと思うが、大会審判さんは最低、空手選手経験者にしてもらいたい。


ともかく、今回試合に出た四人は、かなり強くなってた。

また、頑張ろう。




広告を非表示にする