矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

アメリカンスタンダード

◆水曜日のお空手教室は小学生高学年が陸上記録会らしきものがあり、おやすみしていた。

黒帯と色帯軍で稽古。

大人のシゲル君、凄く頑張ってるが、前回の組手で肋骨と胸骨を骨折してしまった。
膝も悪いみたい。

大会まであと10日だけど、試合には出ると、稽古に休まず来ておられる。

基本稽古に参加して、白帯の指導もしてくれていた。

本当によくやってくれます。

シゲル君の正月からのこの一年は、生涯の財産になる一年になるのではないかと思います。


そのシゲル君とガッチリ組手してきた、竜二と杏奈にも財産になったと思います。

シゲル君が「凄い強い」と竜二と杏奈を評していたが、その二人をへこます強さを誇るのが、翔君。

翔君はまた一段と強くなっていた。


スエラ、カイト、虎、アッキーの四年生、三年生の色帯軍もよい仕上がり。

でも、もっと“倒す”“絶対に勝つ”という覇気があったほうがいい。

虎君は膝がよくないのでフィジカルトレーニングができてない中、三人によくついてきていると思う。

アッキーは少し皆より遅れてるかと思っていたが、相撲大会で準優勝してから急に強くなり、追い上げてきた。


道場生全員に言えることで、基本中の基本だが、フルコンタクトカラテのルールは、まず、相手と正面から打ち合うガッツと体力がないと勝てないので、それに必要な基礎体、ガッツを絶えず忘れないでほしい。

技術論はそれを備え持ってからであります。

そして、誰が相手だろうと、「必ず勝つ」という、強い気持ちを持って欲しいです。

そういう部分は翔の妹の葵が、凄くもっているので、また葵が学校が落ち着いて道場に来てくれたら、また彼女から学んでくだされ。


◆左利き用のフェンダーUSAストラトキャスター、アメリカンスタンダードが私の手元にやってきた。

渋谷で入手して、楽器屋さんスタジオMAXさんに右利きで使えるようにセッティングを依頼していたのが仕上がった。

ストラトは音が好きで、三本持ってるんだけど、ルックスが平凡でちょっとライブでは使えないと思ってたら、頑丈なアメスタのレフティを見つけたので、これならジミヘンみたいに個性的で、ライブでもようやくストラトが使えそうだと喜んでおります。

9.29のライブに実戦投入する予定。