矢郷良明 LIFE philosophy @deracine5to1

思考と哲学の旅日記

心の負傷者達

◆人探しの結末は、依頼者が心の病なので、人探しするまえに、別居中の旦那と仲介者が付き添いで、病院に行き、入院させる方向にしたらどうかと提案し、解決の方向へ。

会話にならないくらいの症状だと、もう、どうしようもないので、入院しかないわな。

旦那さんも単なる癇癪持ちかと数十年思ってたらしく、毎月、生活費を一人暮らしの49の嫁に50万も渡していたらしい。

渡す方も渡す方だが、依頼者のおばさんはそれを毎月使い切り、貯金もゼロだった。

悪鬼入互身。

◆統語失調症の方に出くわしてばかりいたら、単なる変わった人でも、「この人も病気なんかな?」と思うようになってきてしまった。


毎日、愚痴と悪口ばっかり言っていて、そのくせ自分はなんの実績もなく、過去も未来も、なんにも出来なくて、それゆえ社会から逸脱しているのだが、“それは自分がイカしているからダメな世の中から浮いているんだ”と、甚だしい誤解をしている輩がたくさん居る。

この手の人は統語失調予備軍だろう。

心が負傷者にならないようにするには、謙虚な自己判断力を絶えずもてるか?ではないだろか?

“したいこと”をたくさんチョイスしたいなら、“しなければならないこと”果たさなければならないという、人間の行動の根本ルールを守らなければならない。

権利を主張するには、義務を果たしなさい。

私的には、それが理解できなくなったら、もう病気の仲間入りだろうと、思っている。


◆素人が統語失調の方々とあまり会話すると、相手の病状が悪化していくらしいので、自分的に“様子がおかしいな”と思う人とは、その方が元気になられるまで、あまり話さないようにすることにした。

自分で様子がおかしいなと思ったら、病院にいってくだされ。