déraciné

思考と哲学の旅日記

中川博士改造計画

◆金曜日はレミケードのおかげか、体調よく、朝三時に起きて、そのまま新聞などの記事を整理して、七時からのFMいみずの2時間生放送情報番組、ラジオタウンいみずに出動。

早朝番組とは思えないアホなテンションで楽しかった。

◆小2時間昼寝して、石川県のラジオかなざわに。

牧内さんとのラジオ番組、プロレスエキスプレスの収録を。

思いつきで、ディレクター、中川博士のコーナーを立ち上げる。

中川博士こと、中川真衣さんはプロレスマニアとメジャープロレス団体ではなかなか名のしれた、プヲタであり、金沢では最強のプロレスマニアでもある。

仕事はMCとかディレクターとかしっかりやっておられるが、私生活は、なかなか荒れた毎日を送っておられ、暇さえあればプロレス観戦に出向き、車で行ける会場にはライガーさんのマントを持参しているらしい。

しかし、先日の棚橋VSオカダのIWGP戦も当然行ったのだと思い、聞いたら、「ビックマッチは私が目立たんから行かんげん!」と金沢弁でわけのわからんことを行っておられた(笑)

博士はビックマッチは行かないで、わざと遠い会場や、通常マッチの地方会場での大会を選んで「おっ!よく来たね!」と選手や関係者に褒められることが至福の時らしい(笑)

博士、プロレス観戦がない平日は、仕事帰りに浴びる程ビールを呑んで、肉や辛いモノを食べて、ワンピースを読み、「俺は海賊王になる!」と自分がワンピースの登場人物になった錯覚を起こし、そのまま寝てしまう。
しかし、朝、7時にはかならずブログを更新するという、エキセントリックな毎日を送られている。

そんな中川博士、性格も一部の方々には優しく、ルックス的にも土台は美人なんで、狂った日々を送り時間が過ぎるのは博士には、もったいないので、その生活から救済しようという、わたくしと牧内さんの善意からこのコーナーは立ち上げました。

とりあえずまずは、“35歳過ぎてからのまつ毛エクステ御法度”は申し渡しておきました(笑)


35歳オーバーの妙齢の方々によく聞いていただきたいが、女性は35歳過ぎると顔の輪郭がボケだすのですが、特にアルコールを日常的に摂取される方は、拍車をかけて、輪郭がボケだします。

そこに、まつ毛エクステをすると、まさに「とって付けた」ようになりますから、インプレッションがマイナスになりますので、土台のよい方はもったいないです。


帰りに博士に、手を観せてもらったのですか、手はその方の総てを現す部位で、体調から日常生活、身体婦人科系の様子、頭脳は文系・理数系か、そして性格まで判りますので、これを参考にもしてコーナーを進めたいと思います。

そして、このコーナーは次の段階で、“中川真衣博士のウェディングロード”として発展し、レスラーの方や一般から応募を募り、博士の婚活デートを私と牧内さんが毎回、実況・解説していくという、エンターテイメント人生航路コーナーになっていけば、面白いコンテンツになると思います。

さぁ、これを中川博士がディレクターとしてOKするか(笑)

通常のプロレス番組としても、充実させ、ピックアップレスラーのコーナーは次次回からは、天龍さんか藤波さんを取り上げることにしようと思います。

というわけで、中川真衣万歳企画、乞うご期待!


博士の写真を載せるべきですが、博士は日によって顔の出来不出来があるようで、滅多に撮影できない、特別天然記念物のような貴重な方ですので、撮影できませんでした。

広告を非表示にする