déraciné

思考と哲学の旅日記

免疫抑制剤

今週は体調悪くてダメです。

免疫抑制剤が扁桃腺を腫らしたり、熱がでたりで、副作用に困っとります。

腹も痛い。


カラダを動かせないので、読書を。

ラジオは生放送、頑張ってやってます。

夜の矢郷良明的こころは、かなえさんとのりきちさんに来てもらって、自分の話す量を減らしとります。

朝のラジオタウンいみずは普通にやってます。


写真はアゴ君にもらったカオティック・ディスコードのCD。
このバンドはVICE SQUAD のギターとドラムとローディの覆面バンドで、当時の流行りのブリティッシュハードコアを茶化しています。
自分達もブリティッシュハードコアパンクのくせに。

私はリアルタイムで10代の時にカオティック・ディスコードのアナログを購入してます。

セックスピストルズのロックンロールスゥインドルとダムドのスタッビョーバックをカバーしていて、なぜかキャプテン・センシブルさんが歌ってます。

アナログでは名前が伏せ字になってました。
契約の関係でしょう。

自分にとってのハードコアパンクは80年代ブリティッシュハードコアまでで、後のアメリカンハードコアにはデッド・ケネディーズ以外にシンパシーを感じてません。

ポピュラリティのなさ過ぎがトゥーマッチ過ぎるし、演奏はショボいし、やってる音楽はすでに誰かがやったことの焼き直しで、オリジナリティがないので、共感のしようがない。

スーサイダルとかはまた違ったオリジナリティとバカテクがあるので、比べられないですが、そこらへんのハードコアを聴くなら、モーターヘッド聴いてる方がいいです。



広告を非表示にする