déraciné

思考と哲学の旅日記

空手大会でございました。

日曜日は福井県極真空手さんの大会があり、矢郷道場から五名出場しまして、小学生四年生女子の部で、スエラが優勝しました。

決勝の対戦相手は昵懇にさせていただいてる、達先生の拳武塾さんのあさみちゃんで、ちょっとの差でスエラが勝ちましたが、あさみちゃんも凄く強くなっていて、スエラもあさみちゃんも2人とも本当によく頑張りました。
素晴らしい。

この福井の大会は元は虎君の調整にと考えてたのですが、虎君、膝が悪くなり試合にでれなくなりました。
はやくよくなって、また一緒に稽古して、大会にでましょう。
みんな待ってます。


福井の大会に出た生徒ではリキがよかったです。

リキは二回戦で今回優勝した、これまた拳武塾さんの隼人君と当たりまして、予想外の健闘を魅せてくれました。

リキは急激に強くなりました。

拳武塾さんには大会前も合同稽古させていただき、達先生にはお世話になりっぱなしで、感謝しております。

本当に仲良くさせていただいており、大会の偉い人の席に居た、大先生様からも「矢郷君って、拳武塾さんと仲良くしてるんだねぇ。両道場には注目してるんですよ」と意味ありげなお言葉いただきました(笑)

これからも拳武塾さんには御指導いただきながら、切磋琢磨をご一緒させていただきたいと思っておりますです。


◆夕方に富山に帰って、矢郷トリオのバンドリハへ。

黒田さん、また新たに恐ろしげなBCリッチの変形ベースをもってこられて、ブンブンいわせておられました。

ドラムのまっちゃんからクリックをモニターしながらの演奏の提案があり、今回からクリックに合わせて演奏リハに。

普通の8ビート、四拍子は同期も苦にはならないのですが、フェイスって曲はどうもリズムがとりにくいです。

ジャイブみたいだから、これ五拍子なんじゃないかな?と黒田さんに聞いたら、四拍子だとのこと。

そういわれたらそのような気がして、また独りでリズムマシンと練習しとります。


◆そういえばpsychos。
正式にドラムの増井君が脱退したようです。

チェルシーホテルでのライブ以降、増井君とは話していないので、本人からは話は聞いてないのですが、そういうことらしいです(笑)

米子ではどうにもなりませんな。

またpsychosからはドラムが見つかったら、なんらかのお達しがあるのではないか?と思っとります。