@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

グレンマトロック再考

ラジオでピストルズをかけたんだが、久しぶりにグレンマトロックのベースを聴くとやけにかっこよかった。

私が10代の頃はグレンマトロックのベースが最高だと思い、リッケンバッカーを買って、コピーしまくったもんです。

タイトでありながら、グルーブするベースラインのお手本で、他のパートがショボくてもグレンマトロックのベース一つでカバーしまくってます。

パンクバンドやってる人は必ずピストルズを聴いてるはずで、グレンマトロックのベースも聴いてるはずなんだが、グレンマトロックみたいに上手いベースを弾くパンク系ベーシストが皆無なのはなぜだろう?


グレンマトロック再考の機運。
グレンマトロック聴くなら、ポールマッカートニーを聴いて学べばよいのだが、あえてグレンマトロックを。


バンドのグルーブって、ベースが五割、ドラム三割、ギター二割だとベーシスト時代にとある、スタジオミュージシャンに教わったが、最近つくづく納得している。

で、ピストルズのグニャグニャのライブを聴いて、グレンマトロックのベース一つで演奏を成立させているのを聴き、また納得した次第です。