@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

早朝バズーカ

今週は朝から用事が重なり、早起きしている。

AB型の私は、睡眠不足に極端に弱く、体調がおかしくなる。

金曜日は朝のラジオ番組を終えてから、来週の夜の番組を収録し、それからばあさんの病院に行ったが、高岡市民病院はいろんなことが効率悪く、9:30の予約で、ばあさんだけ先に病院に行ってて、私は11時に到着したら、ばあさん、まだ、予約診察を待っていた。
予約して90分待ちである。
なんじゃそりゃ。

で、なぜか市民病院の患者さんはお年寄りばっかりて、70代が中心である。

ばあさんは、待合室で見知らぬばあさんに「アンタさん、どこが悪くてきたんかいね?」と聞かれて、「わし、なんでここに来たのかわからん。」
と答えてた。

聞いたばあさんも、「ワシもなんか調子悪いような気がするんやけど、よくわからんから、取り敢えず病院に来とるがいぜ。」と言うてた。


まぁ、そんな調子の爺さん婆さんばかりなので、診察もはかどらないのだろう。

ようやく、診察の順番が来たので付き添って診察室に入ったら、先生は面倒くさそうで、えらいやっつけ診察で(笑)あとは血と小便採取して帰れいうてた。

気持ちはわかります。

診察終わり、会計したら、年寄りソクサイ病院に来てるのがアホらしいのと、私も眠いんで、ばあさんの服つまんで引っ張って歩いて駐車場に行ったら、「おい、引っ張んな!引っ張んな!」と文句行ってた(笑)

帰り道、ばあさんは腹が減ったと、回転寿司をしこたま買い込んでた。




広告を非表示にする