déraciné

思考と哲学の旅日記

疲れましたな。

5.6 全日本プロレス 高岡エクール大会に参戦しました。

KENSO選手とのシングルには惜しくも敗れましたが、私が全日本プロレスさんも扱いに手をやいている、KENSO選手のTEAMビチットに加わり、共闘していくつもりでございます。

いやぁ〜昨年、富山でKENSO選手と菊地毅選手の前衛芸術のようなシングルマッチを観てますので、これをボトムラインと考えて、“まず、試合を成立させられるか”が私の使命でした。

また次元の異なった、アバンギャルドな試合は、東京のマニアの前ででもやりますよ。


全日本プロレスの選手は皆さんデカイんで、試合がハードです。

私もKENSO戦でかなりダメージを喰らいまして、一週間はトレーニングできません。


GWは試合やらライブやら重なって、その前から体調も良くなかったので、かなり疲れました。

しばらくおやすみします。

体調悪くても解放感を味わいたいがために、単車で通勤・通院です。


◆人生は一度しかないので、やりたいことを思いっきりやらないとダメです。

ダラダラ過ごして、生きてるのか、死んでるのかわからない毎日を送ることに、なんの存在価値があるのやら。

やりたいことをやり抜こうとすれば、それは即ち、“自分の人生で、やるべきこと”になるのです。

生きることにビビってたら、なんにもできんよ。




広告を非表示にする