déraciné

思考と哲学の旅日記

カーネーション

NHKの朝の連続ドラマ、カーネーションが今週で終わります。

カーネーションはテレビドラマにありがちな、説明的なセリフがなく、最低限のセリフでストーリーを展開していく映画的な手法を用いていました。

また、製作者、役者さんも「本当によいモノを真摯に作ろう」という姿勢をヒシヒシと感じさせてくれました。

昨今のマーケティングに頼ったPVみたいな下衆な下心をまったく感じさせません。

カーネーションは本当に素晴らしいドラマでした。

広告を非表示にする