déraciné

思考と哲学の旅日記

セレブ

動けるコンディションを保ちながら、減量するのは久しぶりで、こんなキツかったかかなぁと思いながら、毎日トレーニング。

空手の子供達も厳しい稽古は今日までで、試合まで土曜日の普通の稽古を残し、お休みに。
みんなよく頑張ってた。

大切なのは自分の力を、全て出し切ることが試合でも、稽古でも、いつでも必要な時に出来るか?で、それが出来る子は、なんでも出来るようになると思う。

それができれば、人生も、“第一希望の人生”がおくれるのではないかと思います。

世の中の大人は、だいたいは、第三希望の人生を生きていて、世の中に居ても居なくてもいいような存在でしかない。

せっかく生まれて来たのだから、“やりたいことをやって生きる人生”でないと存在する意味はないと思うが、第一希望の人生を送る為には、それに見合った大きなリスクと努力が必要なわけで、それを避けて、楽していいめを見ようとするから、駄目な人生で終わるのである。

「オマエに何が出来る?」と聞かれて、答えられる人間なんかほとんど居ない。

空手の子供達はそうならないように、第一希望の人生がおくれますようにと、祈りながら稽古しております。



書店でメンズセレブ雑誌的なモノが多く発売されていて、観たらどれも、ベッカムばっかり。

ベッカムがなんであんなに刺青をしてるのかよくわからないが、ランディ・オートンの刺青はベッカムの真似なんじゃないかと思った。

ちなみにCMパンクはコリン・ファレルに似てる。


自分も服を着ていても見えるように刺青してるが、ベッカムも「やっぱりこの世界でやっていけないから、カタギになって就職します」って、ブサイクなことにならないように、とことん自分の道を進むのだという、心意気の表れがあの刺青なんでしょうね。

見えない所に刺青してるのは、女の子が好きになった男に“実は私はゲイなんです”と告白されるのと似ていて、なんか卑怯な気がします(笑)

ちなみに刺青してる人は献血できないそうです。
医療機関によっては刺青後、一年経過していれば、要相談で献血できるそうですが、肝炎のリスクが高いので、基本はダメだそうです。

大量輸血経験者やプラセンタ接種者も献血禁止だそうです。


金曜日は金沢にラジオの収録に行かねばならないので、ジム道場はお休み。

広告を非表示にする