déraciné

思考と哲学の旅日記

土曜日

ひょんなことで、同じ歳の手練れベーシスト、リッケンバッカー黒田さんと知り合い、旧知のドラマー、まっちゃんが“春闘が終わったら時間ができるよ”と言ってたので、私もギタリストとしての経験値をあげる為に、バンドをもう一つやることにした。

まっちゃんとは20年以上の付き合いで、私がベーシスト時代からのコンビ。
三年前くらいに参加た、デッドケネディーズトリビュートでのホリディインカンボジアのアレンジバージョンでの、いかしたドラムもまっちゃんの仕業です。

リッケンバッカー黒田さんは、アメリカにも留学していた生粋のベーシストで、リッケンバッカー4001を数本とハイワットのベースアンプを使うこだわりのベーシスト。
たぶん、二人ともスタジオミュージシャンクラスの手練れなので、私もかなり勉強になると思う。

三人とも同じ歳なので、音楽的にはかぶっていて、また、異常に詳しい。

どんなジャンルのバンドでもプレイできるので、ジャンルフリーな感じのバンドになるだろう。

三人とも忙しいので、バンドを練るには時間がかかると思いますが、やろうと思えば音楽的に、かなり幅広い活動ができると思います。

打倒、福山雅治

広告を非表示にする