déraciné

思考と哲学の旅日記

keep wrestling classic

2.19 SMASH 25 TDCホール大会は素晴らしい大会だった。

会場は満員で、お客さんの雰囲気もポジティブで、リング上と客席の一体感は、まさにライブだった。

特にセミ、メインは、なんのギミックもない、付加価値もない、純粋なウィスキーの原液のような試合で、説得力抜群だった。

これからのTAJIRIさんチームの幸先の良さが抜群に発揮されていたように思います。

メイン後、デーブ・フィンレーさんが、

“いつでもまた、俺を呼んでくれればいい。
キープレスリングクラッシック!”

と言っていましたが、
これこそが、SMASHTAJIRIさん達がやって来たことであり、これからもTAJIRIさん達がやっていくことなんだと思います。

人と人とのつながり。

プロレスリングの伝統を護り、受継ぐこと。

人々をエンターティンすること。


とにかく素晴らしい、興行にしっかりした思想と哲学をもった大会でした。



同日に興行が重なっていた2.19は、観ていませんが、各大会でそのプロモーションの個性を発揮していたのだと思いますが、そんな中で、ギミックなし、ストレートなレスリングイベントで会場をフルハウスにし、成功したSMASH 25は、プロレスの未来を、シンプルなカタチで1番大きく魅せてくれたのでは?と思います。

その歴史的な瞬間にファンの皆と立ち会えた私は幸せでした。

広告を非表示にする