@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

TIGER&BUNNY最終巻

タイバニの最終巻が届きました。
全巻収納できるボックスもついてました。
ワイルドタイガーのTシャツやiPhoneケースも入手しました。
最終話は今日だけで三回観ました。
ガンダム並みにハマっています。


ガンダムといえば、毎日、鶏肉の香草炒めを買いに行く食品スーパーガンダム食玩があり、シャアザクが一つだけあったので購入したら、中身はガルマ専用ザクで、シークレットだったらしい。当たりだ。

ドアーズのギターを久しぶりにコピーしてみたら、今まで思っていたのと違うフレットだったりして、ちょっと衝撃。

ライトマイファイアーのジョンコルトレーンばりの長いギターソロが結構いい感じで弾けて楽しい。
タッチミーやラブミートゥータイムスやラブストリートやLAウーマンなど、有名曲はほとんど弾いてみた。


ギターは座って弾くとやけに上手くなる。
で、ライブの時もそのカンジで弾きたいもんだから、プレイヤーさん達はどんどん、ストラップが短くなる。
バタやんみたいに。

しかし、ロッカーなら、ストラップを短くしたらダメである。
カッコ悪い。
んなカッコ悪い奴が、カッコいい演奏をするわけないのだ。

ロッカーのギターやベースが、ベルトラインから上に来たらアウトだろう。

だから、私は絶対ストラップを短くしないのだ。

しかし、ストラップが長いとデメリットも多く、その一つに右手のピッキングが、肘を支点にして動かせなくなるので、速い曲だと、オルタネイトピッキングがしにくくなる。
で、速い曲はダウンピッキング中心になる。
アップビートが弾きにくいのだ。

ソロパートだと、ピッキング弦の数が減るので、弾く面積が小さくなり、ブリッジに手を固定して弾けるのだが。
というわけで、ストラップを長くしたまま、速い曲でもアップビートのノリを上手く出す方法を研究している。

ベースは指弾きだったので、逆にストラップが長い方が弾きやすかった。

とにかく、ストラップが短いのはダサいので、短くしないが、プレイ面のデメリットを克服しなくてはならない問題にも直面するわけである。
難しいのう。











広告を非表示にする