@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

素晴らしいLIVEでした

ラフィンノーズさんとのLIVE、狙った通りにことが運び、超満員の20/20カフェでした。

20/20カフェさんでは初のスタンディングライブだったそうですが、トラブルもなく、会場から一キロもない場所でブラフマンのライブが同日開催されてましたが、その影響もなく、20/20カフェさんでのライブ動員最高記録をマークしました。

LIVEには35歳以上くらいのオーディエンスが集まり、ラフィンノーズさんのライブでは異常に盛り上がり、ラフィンと観客が一体となったような、神懸かり的なライブになり、私も大盛り上がりでした。
いやー素晴らしいライブでした。

打ち上げもラフィンのメンバーさん達はかなり盛り上がってました。
おとなしいチャーミーさんまで、盛り上がってました。

20/20カフェの社長の永森さんもライブの時はモッシュで大暴れでしたし、タイガーピットのウエイト番長で紳士な精神科医・小岩先生まで、最前で大暴れしてました。

あのライブのテンションなら乗らざるを得なかったと思います。

本当にラフィンノーズさんは凄かったです。
1.21 20/20カフェのラフィンノーズLIVEは、伝説級のLIVEになりました。

たくさんきてくださったお客さんの我を忘れて、ラフィンノーズと一体化する顔を観て、本当にLIVEをやって良かったです。

ラフィンノーズさんに、永森社長に、林さんに、そしてきてくださったお客さんに大感謝でございます。


露払いした私達、The Psychosもなかなかよいステージだったと思います。

私はかなりギタープレイを楽しみました。
そしてドラムの増井君が頑張ってた。
彼は本当に真面目で好漢です。
KEN君も良かったです。
たぶん、この三人は最強レベルのトリオに近づいていると思います。

この日、急遽ローディをやってくれた音楽仲間で20年来の後輩、リョウタとその仲間にも感謝。
リョウタは“棚元画廊・うさぎ”という飲み屋をやってます。

風花というスタジオをやってる彫師のマホちゃんも来てくれ、五年振りに再会、昔のバンド仲間も、プロレスファンも結構来てくれました。

皆さんに本当に感謝です。

私はライブと打ち上げで、腹筋と背筋がつって、夜中から日曜日まで、死んでました。

写真は暴れまわるミルク嬢。