@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

CHANGES

昼はサイコスのリハーサル。
ギターリフにリズムへのガイドになるように音の頭をつけたり、フィルを付けたりしてみたのでわりとドラムと合ったみたい。

前のライブが終わってから、“ガレージパンクみたいな所謂、型にハマったギターになってはダメだな”と更に強く思いだし、試行錯誤している。

昨年はブルース、ロカビリーやR&B、60年代ブリティッシュビート、70年代サイケデリックからハードロック、80年代パンク、ニューロマンティックまで結構聴きまくっていて、ギターもコピーしたりしていて、その中で気付いたのだが、ジャンルのカテゴライズはビジネスの便宜上あるだけで、本当は音楽にジャンルはない。

そのことは10代の頃から漠然と感じていたが、いまこの年齢になり、ハッキリと自覚できた。

自らの存在をカテゴライズして、そのジャンルに当てはまるようなプレイをするのは、自らの可能性を閉ざしてるようなものである。

“自らを定義しない”そういう考え方が、プレイの幅を広げ、技術と感情表現を高めるのではないだろうか?
それは音楽だけでなく、プロレスも空手もビジネススタイルもそうだと思う。

“自らを定義する”こと自体が他に媚びてることで、そんなものが良い物(者)な訳はないのは当然だろう。
ポピュリズムみたいなものである。


そんなこんなで、マディーウォーターズのベストがリマスターで発売されており、クルマで聴いている。

一緒にモータウンの40曲入りアルバムを購入し、これはiPodで事務所で聴いている。

マジック・サムの新装二枚組ライブアルバムも入手。





広告を非表示にする