@déraciné5to1

思考と哲学の旅日記

矢郷先生のSMASHコラム

『週刊 矢郷論説委員長のSMASHコラム』第二十二回
ニュースの焦点


☆2011年12月19日(月)
ココイチ×SMASH コラボレーション『バズソーグリーンカレー』12月19日より発売!!
富山にもグリーンカレーってのがありまして、それはめちゃくちゃ辛いのですが、ココイチSMASHコラボカレーも辛いのかと思ったんですが、よく考えたら、TAJIRIさんのグリーンミストにかけてあるんですね。
これは食べてみたいです。

☆2011年12月20日(火)
応募殺到の12・30『SMASH.24』アフターパーティー追加募集が決定!
アフターパーティーはかなり画期的な企画です。
選手と話したり、雰囲気を間近で感じると、プロレスの観方をガラリと変えてくれるような体験になります。
プロレスの深みにハマりたい方は是非参加してくださいまし。

☆2011年12月21日(水)
SUNAHOリングアナ、12・30『SMASH.24』をもって休養へ!
SUNAHOちゃんと私は不思議な縁がありまして、同じ富山出身ですし、彼女が高校生の時に秋元康さんのプロデュースでデビューした時も、私は地元で仕事の関係でお会いしていました。

その時からスバ抜けた美人で、「この子は必ず大成するだろう」と言われてました。
そして私もSMASHのリングに上がるようになり、十数年振りに再会し、「あの時の女の子がこんなになったんだ」と驚きました。

そんなSUNAHOちゃんとの縁を大切にしたいと思い、前回の『SMASH.23』と『SMASH LIVE in OSAKA』ではわたくしが、リングアナ代理を務めさせていただきました。

SMASHの垢抜けた雰囲気を作ったのは、リングアナ・SUNAHOちゃんの存在が大きいと思います。
また、元気でグッドルッキングなSUNAHOちゃんが帰ってくると思いますから、皆で休業を暖かく見守ってあげてくださいませ。

☆2011年12月21日(水)
松田の三人抜き宣言にキトタクがトップバッター出場を決意! さらに、噂のルー・ルルルがついに登場!!
とにかくキトタクの改名問題から始まり、キトタクが病気であることが露呈、そしてそこから発生したカオスな抗争ですが、この元Iジャ軍と北都プロレスとの団体抗争は、個人的に北都プロレス側に勝っていただきたいと思ってます。

何故かと言いますと、IWAジャパンにはまだまだ個性的なあの人、この人が居られるので、ゼヒその方々に登場していただきたいと思います。

北都プロレスのあのフリークスのような佇まいの方々と対峙するエヅラを想像するだけで、興奮します。
そしてこの抗争が、プロレス界における一大ページェントとして昇華して、プロレス界にひと味違った光明を射してもらえればと願っております。

☆2011年12月22日(木)
1・19『We are SMASH』で公開プロテスト敢行へ! さらに、SMASH初の"新人"外国人レスラーがデビュー!!
公開プロテストってのは興味深いです。
プロテストを一つのショーイベントとしてしまうのですから、テストを受ける選手には、フィジカルなことと、選手としての技量だけでなく、"お客さんがお金を払って観るに値するサムシングな部分"もいきなり求められます。
これはハードルが高いです。
それに審査する選手側にもハードルの高い仕事だと思います。

これまではプロレスラーになれるハードルが下がり続け、プロレス界にカラダが一般人と変わらない、ましてや劣るぐらいの選手まで現れ出しました。
そしてなんのカリスマも感じさせない、ただ面白いようなことをしたり、言ったりみたいのが蔓延っていましたが、この不況下のご時世、粗悪品や贋作に金を出すような風潮ではなくなってきました。

来年はプロレス界もかなり粛清されていくと思います。
その流れの中の試金石としても、1・19『We are SMASH』は注目です。

☆2011年12月22日(木)
AKIRAの発言に、"デスマッチドラゴン"伊東が蛍光灯の持ち込みを示唆!
大日本プロレス伊東竜二選手は確かに作られたヒーローではなく、生まれつきのヒーローのような雰囲気があります。

蛍光灯など手にしなくても、カリスマがありますから、今回は"丸腰の肉弾戦"を期待したいです。
ナイスガイな石川君も居ますし、"天然過ぎて埋れてしまった逸材"佐々木義人選手も居ますから、SMASHのリングでも大日魂は輝いて欲しいですね。


第二十二回 完